みかんに含まれる栄養素まとめ!健康的な食べ方や注意点は?

    冬になると食べたくなるのがみかん!コタツで食べるみかんは最高ですよね。

    1個の量も多くないので、ついつい食べ過ぎたりすることも…。

    みかんは体に良いから食べ過ぎても大丈夫、と自分に言い聞かせたりしていませんか?

    みかんは体に良いと知っているだけで、みかんの効果について知っていますか?

    今回は1日に食べられるみかんのことから、みかんに含まれる栄養素などについてみていきます。

    あなたも今日からみかん博士になりましょう♪

    スポンサードリンク

    みかんに含まれる栄養素は?

    みかんにはたくさんの栄養素が含まれています。その中でも注目したい栄養素を4つ紹介します。

    ビタミン類

    みかんに含まれるビタミン類はビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE。

    特に優れているのがビタミンC。

    3個食べるだけで、1日に必要なビタミンCを補うことができます。

    ビタミンCは免疫力を高めて、疲労回復や風邪予防の効果をもたらします。

    また、美肌効果にも!!

    抗酸化作用があるため、肌荒れやアンチエイジングにも効果的なんです。

    同じく美容効果のある食材として【納豆】も有名です。

    参考:【女性必見!】納豆がくれる効果がすごい!男が振り向く系女子めざして!

    女性は必見の食材ですので合わせてご覧ください。

    ペクチン

    ペクチンは糖分を吸収する働きがあり、コレステロール値を下げてくれます。

    さらに腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を整えます。

    下痢や便秘の解消、疲労回復に効果的。

    βカロテン

    βカロテンは強い抗酸化作用があります。

    抗酸化作用の役割は体内にある活性酵素を除去すること。

    活性酵素は本来、健康維持で欠かせない物質なのですが、増えすぎると体内に害を及ぼすことも…。

    体内への害は老化の促進、動脈硬化やガンの進行など。

    βカロテンを摂ることで、アンチエイジングやガンの予防に繋がります。

    βクリプトキサンチン

    βクリプトキサンチンは、骨粗しょう症の発生リスクを下げてくれます。

    また、血糖値が上昇しないようにしてくれて、糖尿病の進行を抑えます。

    免疫力アップの効果も!

    βクリプトキサンチンはみかんの外皮にたくさん含まれています。

    外皮って、なかなか食べることがないですよね…。

    みかんの外皮にはβクリプトキサンチン以外にも大切な栄養素がギュッと詰め込まれているので、ぜひ食べておきたいところ。

    そのまま食べるのは抵抗があると思います。

    おすすめはオランジェット。

    簡単で甘くておいしいので、ぜひ試してみてください♪

    みかんの薄皮やすじを丁寧に取って食べるという人もいるはず。

    しかし、薄皮やすじにも栄養がたっぷりと含まれているので、そのまま食べてみてくださいね!

    みかんの栄養については理解いただけたでしょうか?

    では、1日にどのくらいの量を食べていいのか…。

    次に見ていきましょう。

    スポンサードリンク

    量や食べる時間など最適は?

    みかんのカロリーってご存知ですか?

    なんと、1個あたり約40kcal!

    低カロリーだから、たくさん食べたくなっちゃいますよね。

    しかし!待ってください!

    たくさん食べ過ぎと太ってしまうことも…。

    みかんは低カロリーですが、果糖を多く含んでいます。

    1日に10個も食べてしまうと果糖の過剰摂取に繋がります。

    みかんは1日2~3個を目安に食べてください。

    2~3個だと太る心配はほぼありませんよ♪

    みかんに限らず、果物は朝に食べるのがおすすめ。

    朝に食べると便秘の解消、体内の毒素が排出され痩せやすくなるなどの嬉しい効果があります。

    また、みかんは食前に食べると糖分の吸収を抑えてくれます。

    膨張効果もあり満腹中枢が働くことで、1日の食事量を抑えてダイエットにも♪

    さきほど、食べ過ぎは注意とお伝えしましたが、他にどのような注意点があるのでしょうか。

    食べ過ぎなどの注意点はある?

    みかんは美味しいからたくさん食べたくなりますよね。

    でも、食べ過ぎには要注意!

    みかんの食べ過ぎは体を冷やしてしまいます。

    柑皮症にも気を付けたいです。

    柑皮症は手のひらや指が黄色くなること。

    みかんの食べる量を減らす、やめることで皮膚の黄色は治まっていきます。

    みかんは1日2~3個ほどにしておきましょう!

    家族みんなでみかんを食べて健康的に!

    家族みんなでコタツに入って食べるみかんは美味しいですよね。

    ただし、食べ過ぎには要注意。

    せっかくの優れたみかんの栄養がダメになってしまいます。

    1日の摂取量を守って、美味しく食べながら健康・美容を向上していきましょう!

      【関連コンテンツと広告】

      コメントを残す

      CAPTCHA