人前に出ても堂々と緊張しなくなる3つの方法!新社会人は必見!

    こんにちは!!あなたは人前に出て緊張しますか?私は昔は緊張することが多く、声はガタガタ、冷や汗ダラダラで、見るからに緊張していることが分かるくらい緊張しいでした。

    慣れた環境ですら、大勢の前や慣れない場所に行くと緊張してしまいます。

    脂汗が吹き出て、体と声が震える、あの感覚は本当に嫌なものですよね・・・。

    ただ今では人前に出てもあまり緊張する事はありません。

    それは、緊張しない方法を会得したからなんです。

    今回は、私が試して効果のあった緊張しないため方法を解説をしていきます!!

    そもそも緊張とは何?

    “生理学において、筋肉の収縮運動のことを指す” 

    筋肉の収縮により、”鼓動が早くなる”、“足が震える”、“手汗もしくは全身から汗が出る”など人により様々な反応が出てきます。

    こういう場面に直面している時は、『自分が相手にどんな風に見られたいか』と相手からの評価を過剰に気にしている時によく出てくるものです。

    もっと自分への見え方を気にしている時はたいていの場合が、自分に対して自信がない(=自己評価が異常に低い)時でもあります。

    心の中で負のスパイラルに陥り、自ら首を絞めている状態になってしまうのです。

    スポンサードリンク

    緊張状態に陥らないためには??

    少し堅苦しい話になってしまいましたが、ここから核心に迫っていきます。

    【どうすれば緊張しなくなるのか?】

    この方法を紹介していきます。基本は3つを心得ておけばOK。

    メンタル面の要素が強いので、考え方も知っておいてください。

    1. 『緊張しています』を止める
    2. とにかく練習をする
    3. 緊張して当たり前と開き直る

    1:『緊張しています』を止める

    私の経験上、このフレーズは言わない方が良いです。

    緊張しているのは理解できるのですが、それに輪をかけて自分で言うことでさらに緊張し、自分の言いたい事が全く言えなくなります。

    私も随分前はよくこのフレーズを言っていましたが、どうもプレゼンなどで上手くいかない事が多かったです。

    ある日、振り返りをしている時、『緊張しています』とよく言っていたなと言う事に気付きました。

    あるプレゼンの時に言わないようにしてみたら嘘のようですが、あまり緊張しませんでした!

    あなたも自分にマイナスになるような発言はしない方が良いです。

    スポンサードリンク

    2:とにかく練習をする

    練習をしていないと、『緊張しています』と同じくらい緊張する原因だと言えます。

    プレゼンをする、初めて会う人と対峙するなど確かに緊張します。しかし練習をしていなければ失敗=緊張は目に見えています。

    私はかなりの面倒くさがりなので、正直練習はしたくないです。しかし練習をし、社内評価が上がると考えれば面倒とは感じませんでした。(=昇給、ご褒美♪)

    私に限らず、Appleで有名な故・スティーブ・ジョブズはプレゼン練習を本番の何週間も前からしていたと言います。

    本番に必要な商品知識の勉強をし、プレゼン練習を納得するまで徹底的にやっていたと元社員は語っています。

    それがiPhoneの発表などの世界を熱狂させる素晴らしいプレゼンに繋がっていたのでしょう!

    そんな世界的に有名な人でも、練習を欠かさないのに普通の会社員である私たちがしないっておかしいですよね。むしろしない理由がないのです。

    緊張したくなければ、練習あるのみです!!どんなに一流の人でも、練習は必ずしているのです!!

    3:緊張して当たり前と開き直る

    『失敗したらどうしよう。。。』、『他の人は緊張していなさそうだ』と考え出したらもう手遅れです。緊張コースへまっしぐらです。

    大事なプレゼン、商談など誰でも緊張しています。今あなたの目の前にいる人も同じことを考えているかもしれません。

    こんな時は『自分一人が緊張している訳ではない。周りも緊張している。』と考えるのです。

    この考えを持つだけで、随分変わってきます。それにこの大事な場面にくるまでに、練習もしているはずです。

    あとは自分を信じるだけです!!良い意味で、開き直ってください。

    まとめ

    では、最後に3つのポイントをまとめます。

    1. 『緊張しています』を止める
    2. とにかく練習をする
    3. 緊張して当たり前と開き直る

     

    いかがでしたか?案外簡単に緊張を抑えられる事をご理解頂けたのではないでしょうか?

    しっかり事前準備をしておけばどんな状況でも緊張せずに、困難な場面も乗り切れるはずです。

    最後は自分を信じて本番に臨めば必ず良い結果がついてくるはずです!!

      【関連コンテンツと広告】

      コメントを残す

      CAPTCHA