女の子と会話をするときに自然にやりがちな恐ろしい習慣

    女性と会話をするときに
    気になってしまうことの一つに会話のネタがあります。

    数人でいる時であれば
    誰かしらが話を振り、場を繋げてくれますが
    タイマン(1対1)の場合はどうでしょう?

    あなたは会話を続け女の子を
    飽きさせずに笑わせる事ができますか?

    私は会話の途切れた時の
    あの沈黙感がたまらなく苦手です。

    今となっては会話のポケットが広がり
    ネタが溢れ出るようになりましたが
    昔の私はそれができませんでした。

    一体どんな方法で会話のネタを
    充実させ会話力を上げたのか?
    書いていこうと思います。

    女子との会話に困らないメゾット!

    -shared-img-thumb-MIYAKO75_yadaaaa20140726_TP_V

    まず会話するときに必ず
    知っておかなければ嫌われるルールがあります。

    これは、女子との会話にかかわらず
    仕事や友人関係でも当てはまるのでマスターしてくださいね。

    そのルールとは・・・

    否定しないことです。

    これ、無意識にやっているので
    注意が必要ですよ。

    えっ?否定とかしないわい!
    って思いましたか?

    じゃあ、こんな会話を例にしましょう。

    スポンサードリンク

    自分:○子ちゃんって好きなスポーツあるの?

    ○子:私はね~卓球が好きかな!

    自分:卓球か~!でもテニスの方が面白いよ!
       今度さ、テニスやろうよ一緒に!!!

    ○子:いや・・・テニスとか苦手だからいいや
      (好きなスポーツ聞いといて自分の趣味の押し付けか怒)

    こんな会話していませんか?

    でも~
    だけどさぁ~
    それよりさ~

    なんて感じの非定型。

    女性は共感が大事です。
    女子会を思い浮かべてもらうとわかります。

    テレビで女子会番組なんかを見ていても
    悪口で女性たちが共鳴した瞬間の盛り上がりよう。
    一気にターボかかったかのような加速力を見せますよね?

    日常での風景でもそうです。

    喫茶店で女子同士のトークしていて
    彼氏の悪口などでヒートアップした時の
    恐ろしい程の共感度。

    自分と同じ意見や考え方は女性にとって
    安心感や嬉しさを感じるものです。

    共感を生み出せ!どんどんと!

    e0e3d678ec95aa0df3a0dbeece39af84_s

    先ほどの会話でもう一度考えます。

    自分:○子ちゃんって好きなスポーツあるの?

    ○子:私はね~卓球が好きかな!

    自分:卓球が好きなんだ!
        卓球は楽しいよね!ラリーが続いた時とか特に!

    ○子:わかるわかる!♡やばい!負けないようにって
       燃える感じがものすごく楽しいよね!

    自分:そうそう!でもいっつもいいところでミスるんだよな~w
       ○子ちゃんは学生時代は卓球部とか?

    ○子:・・・・・

    こんな感じで否定しないで共感することで
    会話の弾み方も断然上がって行きます。

    今回の卓球であればラリーが続いた時の
    ハラハラ感など好きな人に共感する内容を入れることで
    女子の共感度数も上昇していきます。

    まとめ

    bsshinjyuku-kabuki20140921225442

    会話力を上げるには否定をしないこと!
    そして共感をする事が大事です。

    私自身もクセで「でも~」「だけど~
    など使っていましたが改善したところ
    会話の持続力が断然上がりました。

    飲み屋のネーサン方と話をしていても
    お兄さん面白いね~なんて言われたりもしますw

    相手の共感ポイントをみつけだすと
    どんどん話が盛り上がるので試してみてください!

      【関連コンテンツと広告】

      コメントを残す

      CAPTCHA