耳の後ろにできたしこりが潰すと臭い・・・痛くない場合の原因は?

    先日、耳の後ろというか裏を
    触っていた時にしこりを
    発見しました。

    押しても痛くなく骨?
    って思いましたが、柔らかい。

    気になり、押したり
    皮膚を引っ張ったり・・・

    するとビビビビーって音と共に
    中身が出てきましたw

    白い膿のようなモノが出てきて
    不安になったので原因を調べました。

    耳の後ろのしこりから
    白い膿状の物が出た方は必見!

    臭い膿の正体は?

    まず痛みが無いという事で
    粉瘤という症状があります。

    何となく名前を聞いたことが
    あるかもしれません。

    皮膚の下の袋状の場所に
    角質や皮膚などの老廃物が
    溜まってしまった状態です。

    老廃物が溜まっている状態なので
    これが炸裂すると、チーズのような
    嫌~な匂いがするわけです。

    この粉瘤は誰にでもできる
    可能性がある物なので
    安心してください。
    (っていうのも変かな?w)

    という事で、この粉瘤に関して
    詳しく見ていきます。

    スポンサードリンク

    悪性なものなの?

    まず気になるのはこれですよね。
    体に害があるのかないのか?

    まず、前提として巨大化して
    手に負えないサイズでなければ平気そうです。

    粉瘤自体が発生のメカニズムが
    解明されてなく、不明なところがおおい物です。

    巨大化すると、切開して
    摘出するという状況になります。

    放っておけば消える?

    粉瘤に関しては切開して
    中の膿を出すか、原因となる
    皮膚部分を切り取るかしか無いです。

    良性の腫瘍ということで
    判断も患者さんに委ねるそうです。

    ちなみに私は指でつまんで
    絞る?感じで押して出してますw

    ここ数ヶ月、頻繁にできるのですが
    小さいものなので、平気かな~って
    感覚で潰していました。

    ただ、不安なので
    セルフ処理はOKかも調べました。

    スポンサードリンク

    自分で潰すのはアカンみたい

    やっぱ自分で潰すのはダメですw
    私はやってますが、自己責任で!

    粉瘤はニキビと違い
    皮膚下の袋を出さない限り
    再びできるもの。

    切って出すか、袋を除去するか。
    これが正しい方法となります。

    ただ、私は小さいものなので
    プチプチつぶっしゃいますw

    ちなみに、潰す事で
    炎症に繋がることもあるそうです。

    まぁ、ニキビも潰して細菌が
    入って悪化していくから
    同じ感じなんですね。

    耳の裏を洗う癖

    私は粉瘤ができてから
    耳の裏を「よく洗う
    様にしてます。

    あなたも、思い出して
    みてください。

    実際、耳の裏って
    ちゃんと洗ってますか?w

    私は、シャンプーのついでに
    軽くみたいな感じでした。

    なので、洗顔の時に
    耳の後ろ(裏)まで
    しっかりと洗う習慣を
    つけてみたんです。

    そしたら、粉瘤の
    再発は減りましたね。

    元をたどれば、皮膚や角質が
    溜まって膨らむものです。

    って事は、綺麗に保てば
    できずらくなるんじゃね!?

    って推測で始めたら
    なんとか成功したっぽいですw

    耳を洗うだけなので
    誰でもできます。

    ぜひ、今日から丁寧に
    洗ってみてください。

    最後に

    では、耳の後ろにできる
    謎の白くて臭いものに関して
    書いていきました~。

    痛みが無いのであれば
    ほぼ粉瘤だと思います。

    もちろん、他の可能性も
    ありえますので、念の為に
    お医者さんへは行きましょう。

    皮膚科に行けばOKです。

    今回の粉瘤ですが
    臭に関して思ったことがあります。

    なんというか、臭い玉に似てる気が。

    参考:膿栓が出来る原因は?あの臭いけど魅力的な魂が出来るワケ

    臭い玉も細胞のカスとかの
    集合体です。

    粉瘤も同じような存在だから
    近いものを感じたのかな?

    とりあえず、耳の裏を洗う!

    この対策をやってみましょう。
    不安だったら必ず皮膚科へGO!

      【関連コンテンツと広告】

      コメントを残す

      CAPTCHA