【危険注意!】スマホの目覚ましがあなたの体にもたらす恐怖がヤバイ

    スマホって何かと便利ですよね。

    今じゃ、通話だけではなくメールやLINEなどのコミュニケーションやネットでの検索・・・そして当たり前の様に使っている目覚まし!

    この目覚ましですが、あなたの体に危険をもたらすって知っていますか?

    私はスマホの目覚しを毎日使用しています。まあ、朝起きる事が凄く苦手なので目覚ましなった所で起きませんが・・・笑

    スマホにアラームがあるからわざわざ目覚まし時計買う人って少ないですよね。

    ですが、この便利だと思い当たり前に使っている事が、凄く重大な病気になる事を医学的根拠で判明しているんです。

    これを知らずに、使い続ける事はかなり恐ろしい事になりますよ。

    電磁波の危険性

    電磁波はスマホやパソコンに限らず、日常的に使っている物にも流れています。そして、その電磁波によって多少なりとも体は被爆しているんです。

    • TV
    • 電子レンジ
    • 電気毛布
    • IH
    • エアコン

    生活の中で欠かせない物ですよね。電子機器からは少なからず電波が出ています。今後は更に増えるでしょうね。

    この被爆ですが、私たちが生活する上で少なからず受けています。蓄積して浴び続ける事が危険になります。

    電磁波による被爆は「電磁波過敏症」と呼ばれます。欧米では対策を始めていますが、日本ではまだ認知度が低いようです。

    症状としては、以下のものがあります。

    1.目の症状:
    見にくい、目が痛い、目がうずくなど

    2.皮膚の症状:
    乾燥する、赤くなる、できものなど

    3.鼻の症状:
    鼻づまり、鼻水など

    4.顔の痛み:
    顔がほてる、むくむ、水泡、ひりひりする

    5.口の症状:
    口内炎、メタリックな味がする

    6.歯や顎の痛み

    7.粘膜の症状:
    乾燥、異常な渇き

    8.頭痛:
    単なる頭痛のみならず記憶喪失やうつ症状まで

    9.疲労:
    異常な疲れ、集中力の欠如

    10.めまい:
    気を失いそうな感覚、吐き気

    11.関節痛:
    肩こり、腕や関節の痛み

    12.呼吸:
    呼吸困難、動悸

    13.しびれ:
    腕や足のしびれ、まひ

    出典:http://keitai119.jp

    初めは目や皮膚などに影響が出始め、状態が悪化すると手足のしびれなどにつながります。

    この毎日浴びてる電磁波はすぐに体の症状に出るものではなく「長期にかけての微弱な電磁波の被爆」になります。

    なので、体調の不良が慢性的なものになる為、電磁波が原因だとは気づかずに結果、「生活習慣病」と診断される事も少なくはありません。

    全てが電磁波による被爆だからって言う問題ではないですが、多少は被爆も原因の1部になります。

    そして、この電磁波での被爆が最も多いのは睡眠時なんです。

    ではここから本題の「スマホの目覚まし」の悪影響と対処法を厳選して紹介します。

    (原因から対処と言う形でまとめますね)

    まず、「頭は電磁波を吸収する」と言われています。

    これは、毎日同じ形で睡眠をすると被爆する量が微量じゃ済まなくなりますので、出来るだけ対処をして健康な体を保ちましょう。

    スポンサードリンク

    枕元にスマホを置く

    これが原因でこんな症状が出ます。

    • 眠りが浅くなる
    • 寝つきが悪い
    • 頭痛がする 

    これは電磁波によって脳に刺激がいく事が考えられるんです。これが毎日蓄積されるって考えると・・・恐ろしいですよね。

    対策

    出来るだけ距離を保って睡眠を取る様にしましょう。大体50cm位離すのが理想です。

    私の場合は、寝る前に充電をして棚などにスマホを置きます。私の朝寝坊は置いておいて・・・。アラームはしっかり聞こえます!

    旦那が「いつ気づくねん!」とぼやいてる位なので、朝弱い人は最大音がオススメですね。笑

    電磁波の削減

    睡眠時に着信がなったりメールがなったり電波を発信している事ってありますよね。それって重要じゃない事なら目はあまり覚めないし結局朝見るので睡眠中には必要のない事だと思います。

    なのでちょっと限定されますがiPhoneで出来る方法です。他の機種でも同じ様な機能はあると思います。

    そしてただ1つ問題があり、着信が入らないので着信を必要な方はオススメ出来ません。

    対策

    スマホを機内モードにする事です。

    ご存知の通り機内モードは電波を発信しないので、電話やメールが来る事ないですよね。

    そのことから電磁波を弱めます。そしてアラームはしっかりと鳴るって事です。

    睡眠前の通話

    睡眠前の会話って楽しくなったり悩みを聞いたりすると、頭で色々考えちゃうので脳を起こしてしまい睡眠の妨げになります。

    結果、2時間喋ってしまって目が覚めて寝れない・・・なんて経験ありませんか?

    カップルなんて多い気がします。

    若い時はやっぱり相手といつまでも通話していたいですもんね。私も昔はありました。

    今はそんなラブラブないですけどね~笑
    まあ、ラブラブは良い事なので誰でも出来る対処が必要ですね。

    対策

    スマホを耳に当てて通話する為、やはり脳に電磁波が送られやすいので、通常時も大体スマホを5cm以上離す方が良いとされています。

    なのでイヤホンなどがオススメなんです

    そして同じ耳ばかり使わずに左右交互にして使うのも良いです。あんまり長いと耳も痛くなりますので・・・。

    出来れば、長時間は控えて「また明日ね。」位が良いでしょう。

    スマホで長々会話すると段々、会話のネタもなくなりますから、ちょっと我慢して「また次話そう」って気持ちを持つのも良いですね。

    スポンサードリンク

    子供のスマホゲームは控えめに。

    子供の大好きなアプリゲームですがやっぱり寝る前は睡眠の妨げになり、そして子供に多い「起立性障害」という睡眠障害を引き起こす可能性があります。

    もちろん、子供に限らずスマホゲームをする方全て対象ですよ。ただ、子供の場合は電磁波吸収率は大人の4倍~5倍になります。

    対策

    被爆が怖いからって言っても子供から好きなものを「ダメ」と親の思いだけで取り上げるなんて出来ないので出来るだけ睡眠30分前か1時間前には終わりにして睡眠に害がない様にしてあげましょう。

    子供と約束を作った時は、守った時に褒めてあげてください。自分のやった事が正しい事だってわかると次回からも同じ用に約束を守ります。

    きちんとルールを守れたら、例えばスマホゲームで言えばガチャを回して上げるなど決めると更にいいですね。

    以上が原因と対処になりますが何か試せることはありましたか?

    結局は目に見えないものなのであまり日常的に関心がない分、ピンッ!とはこないかもしれませんが苦にならない程度に対処が出来ると良いですよ。

    目覚ましを変える

    一番オススメなのは、スマホの目覚ましを使わない方法です。

    スマホの目覚ましって慣れると目が覚めづらくて、寝坊する事も多くなると思います。原因は初めに書いた電磁波の影響です。

    そこで、電磁波の無いタイプを使う事で体に影響を受けづらくなります。でも、普通の目覚ましで起きられる気がしない・・・

    って思いますよね(笑)

    カンカンカーン!って音もかなり不快ですし、買うってなるとハードルも高いですよね。

    でも、もし無音でスッキリ目が覚めて、体に影響も無い目覚ましがあったらどうですか?

    不快な音は不要な上に、しっかり目が覚めて頭も冴えたら嬉しいですよね?

    そこで、オススメなのは「光のめざまし」です。

    正直、値段は高いですが買う価値はあります。

    テレビでも取り上げられた実績がありますので、効果は折り紙つきです。

    朝起きるのが苦手って方にもオススメです。健康的にスッキリ起きるために使ってみてはいかがですか?

    最後に

    結果的には、睡眠時は出来るだけスマホと距離を置く事です。

    そんなベッタリ朝~晩までくっつかないといけない物ではありませんし、人同士でもあまり四六時中ベッタリは嫌だと思うので・・・笑

    そしてこの電磁波は、うつ病や脳梗塞などの重大な病気を引き起こす可能性もあるからこそ、睡眠時以外でも、出来れば1時間に1回でも休憩する事が大切です。

    スマホは生活から切り離せないアイテムだからこそ、使い方を正しく知って体を守りましょう!

      【関連コンテンツと広告】

      コメントを残す

      CAPTCHA