【今日は飲みすぎた】二日酔いの予防法!飲んだあとでもOK!

    飲み会の後、「今日はよく飲んだな~」って思う時ってないですか?

    飲み始めは明日の事考えて「控えめに」って思ってるんですが、何故か中盤から勢いで飲んじゃってたりする事って結構ありますよね。

    私も「今日は1杯しか飲まない」なんて言ってても、次頼む時に「お茶!」って言えないんですよね。

    ただの意志の弱さなんですが・・・。笑

    そんなこんなしてる内に結局、最後まで飲んでしまう結果に・・・。

    明日の予定がある日は、帰ってから起きれるかなって不安になります。

    二日酔いなんて一番避けたい問題ですよね。

    飲む前に対策するの忘れてた~!って思ってしまうあなた!

    飲んだ後でも出来る二日酔い対策をご存知ですか?

    後からでも遅くはないんですよ!しっかり寝る前に対策をして明日に備えましょう。

    飲み過ぎた後で出来る対策・・・。次の日を元気にする魔法。

    飲んでる間は忘れてしまう次の日の予定・・・。

    後から思い出すと「うわ~!」って思っちゃいます。

    そんな時、あなたが簡単に寝る前に出来る対策をご紹介します。

    スポンサードリンク

    水分補給

    お腹いっぱい飲んでるはずなのに、水分が体内に足りないことで飲酒後や飲酒中は喉が渇いたりしませんか?

    利尿作用が働く事や体内でのアルコールの吸収などが原因で、お酒を飲むと体内の水分が奪われる為に脱水症状を引き起こします。

    参考:お酒を飲むと異常に喉が渇く!理由と対策を紹介します!

    寝ている間は、肝臓がアルコールを分解しようとフル回転し始めますので、起きた時に低血糖にもなりがちになります。

    なので、寝ている時の体内の活動の為にも水分をしっかり取る事がオススメです。

    水分補給に適した飲みものは・・・

    一番良いのは「水」なんですが、水の他に効果的な飲み物のご紹介です。

    スポーツドリンク(ポカリスウェットが1番オススメ)

    コップに1杯~2杯が効果的な目安です。

    体内の水分を保持する働きのあるナトリウムイオンが入っているので、しっかり体内の水分を保ち、糖分が入っている事で低血糖を防ぐ事も出来ます。

    なのでカロリーオフタイプではないドリンクをオススメします。

    また酷い酔い方で頭痛や吐き気を伴ったり、冷蔵庫まで行く事さえ出来ない時は枕元に置いておく事が良いです。

    飲みにいく日は事前に用意する事も対策の1つです。

    スポーツドリンクは冷さず常温だと水分の吸収が早くなるメリットがあるので、冷たいものを飲みたいって時以外は常温で保管するのもお酒の時に関わらず便利だと思います。

    冷たいものが苦手な人もなかにはいますからね。笑

    ラーメン

    沢山飲んだ帰りや帰宅後、無償にラーメン食べたくなりませんか?

    お腹すいてる訳ではないけどラーメンが食べたくなる。

    「ラーメンが食べたい」という思いは、体が欲している事を脳にお知らせしています。

    ラーメンにはイノシシ酸というアミノ酸が多く含まれています。

    中でも、鶏がらやとんこつで取ったラーメンは濃い味に思えますが、アルコールを分解する酵素の働きがある味なので次の日の二日酔い予防になり、そして飲酒後に食べられる事がオススメです。

    家でも飲み会の帰りにも食べられるのでオススメです。

    蕎麦

    ラーメンも良いですが、実はお蕎麦も効果的なのでご紹介します。

    お蕎麦もアルコールの分解を早める働きがあり、ラーメンと違う所はナイアシンとコリンというビタミンが含まれています。

    蕎麦湯にも分解酵素が入っているので、汁を飲み干すことも体に良いです。

    ラーメンみたいには、なかなか思いつかないですが、思いついた時はぜひ食べてみて下さいね。笑

    しじみのお味噌汁

    「お酒飲んだらしじみ」って誰もが口にする程の、主流な二日酔い予防ですよね。

    私もしじみに限らず、お酒飲むと異常な位、味噌汁飲みたくなって酷い時には、3~4杯飲んでしまうことがありました。笑

    コンビニに売っている味噌汁カップ酔いながらいっぱい買ってしまって・・・。

    そんな感じでお酒のあとは、なぜかお味噌汁飲みたくなっちゃうんですよね。笑

    不思議な位、「ホッ」としちゃいます。

    しじみにはバランスの良いアミノ酸が沢山入っています。

    必須アミノ酸を補給する事で、肝細胞の主成分であるたんぱく質が合成される事で肝機能を修復してくれます。

    その上、低脂肪で吸収が良い為、脂肪分を取りたくない方でも安心して夜に摂取できるんです。

    太るから遅くに食べたくない方にも、安心して食べる事が出来ます。

    そして漢方医学では肝臓に凄く良いとされています。

    なぜなら、肝臓機能が弱まることで目が弱ってしまいますが、肝臓機能を修復する事で「目も自然によくなる」と言われています。

    しじみの効果はまだまだあります。

    • 鉄分配合で貧血予防や憎血の働き。
    • ミネラル配合で風邪や感染症予防。
    • タウリン成分で脳卒中や心臓病予防。

    などの効果まで発揮するしじみは、文句なしの二日酔い予防アイテムです。

    栄養ドリンク(ノンカフェインタイプ)

    就寝前にカフェインの摂取は睡眠の邪魔になるのでオススメ出来ませんが、ノンカフェインなら、栄養ドリンクに含まれる疲労回復が体に良いです。

    種類はあまりありませんが、コンビニや薬局と行った身近な場所で購入出来ます。

    • アリナミン
    • ユンケル
    • リポビタン
    • チョコラBB

    などはノンカフェインの種類がありますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

    睡眠

    シンプルかつ1番重要な事です。上記の様な対策をしつつも、そのままグダグダいつまでも起きてるのはよくありません。

    遅くに寝て早く起きないといけない状態は、睡眠時の肝臓の働く時間も短縮されるので、分解が出来ずに二日酔いと言う状態をもたらします。

    飲み会なんかに行ったら寝るのは遅くなりますが、極力早めに寝る事が1番、体には良いので、帰宅後は早めに寝ましょう!

    明日の予定があるのに「もう1杯飲んで寝るか・・・」なんてダメですよ。

    お酒は誰かのペースに合わせて飲むと潰れます。マイペースに楽しみましょうね!

    4つの対策をご紹介しました。

    色んな方法があって、どれもそんなに難しい事ではないですし、むしろ簡単な事ばかりかなって私は思います。

    ここまでは、良い方法としてお伝えしてきましたが、ここから先は寝る前にやってはダメな事を紹介します。

    スポンサードリンク

    飲酒後の行為!危険な罠をご紹介

    予防と言って、なんでもかんでもやってみるのはよくありません。

    特に酔ってる時は止めて欲しいです。

    最悪の場合、死に至る事があるという事は忘れないで下さいね。

    次の日にでも出来る事なので、酔った日はあまり危険な事はしない様にして下さい。

    長時間の入浴

    体からお酒を抜くには、お風呂に入って汗を掻くのが良いと言う話もあります。

    これは「良い」と「悪い」どちらも聞きますが、あまり良くはありません。

    長時間と言うのが一番良くないんです。

    布団に入る前に絶対お風呂に入りたい方もいますが、熱いお湯に浸かることで血行がよくなり汗を掻きます。

    汗を掻くことで体内の水分が排出され、元々水分が足りてない状態からさらに水分がなくなり、脱水症状を引き起こす可能性が高まります。

    どうしても入りたい方は、温めのシャワーで洗う位で充分です。

    酔ってる状態で湯に浸かり眠ってしまったら、窒息死の可能性、脱水症状や転倒の危険性があるので注意です。

    あ。サウナに入るなんて絶対止めてくださいね。

    また、あなたはお風呂で寝た経験ありませんか?

    私、お酒飲んでなくても、よくお風呂で寝ていたんですよね。

    ホント、鼻にお湯入ってビックリして飛び起きるんですが、その後、経過時間も分からないので、逆上せたのか頭がフラフラする事もありました。

    飲酒していなくても結構、危険な行為ですよ。笑

    もう1つ血行をよくしてしまう行為があります。

    飲酒後のランニング

    これは私も驚きました。

    何に驚いたかと言うと、お酒飲んだ後に走れることです。笑

    酔っ払って誰かを追いかけたりする事もあるかと思いますが、全力で走ると危険ですのでご注意を!

    逆に凄いな~って思いましたが、これも血行が良くなり汗を掻くので脱水症状が起きます。

    他にも、運動を習慣として行っている方もいるかと思います。

    飲んだ日は習慣で行っている運動も、1日位は止めて安静にするのがオススメです。血圧が上がりすぎる恐れがありますからね。

    薬の服用

    飲酒後に頭が痛くなるなんて事ありませんか?

    気分悪いし頭痛がする状態は、とても辛いですよね。

    だから頭痛薬なんて飲みたくなってしまうんですが、この薬を飲むという事がダメな行為なんです。

    薬は胃で溶け腸で吸収し肝臓で成分が、ある程度分解されて、残りの成分で効果が出るというのが薬の仕組みです。

    なので、飲酒後の体内は精一杯アルコール分解に働きかけているので、薬の分解までに手が回りません。

    体内の分解不足によって薬が効きすぎてしまったりする恐れから、副作用が働いたりアルコールと薬で胃への負担を大きくしてしまいます。

    一般的に飲酒時でも飲める薬は胃腸薬とされていますが、胃腸薬にも飲酒時はダメな薬もありますので、購入する際はしっかりと説明や注意を読む必要があります。

    どうしても頭痛が耐えられない時は、2つの事を取り入れてみてください。

    • 冷たいタオルで痛い部分を冷やす。
    • 暗いところで安静にする。光や音は刺激になります。

    この2つ以外にも方法はありますが、また違う形で詳しくご紹介したいと思います。

    危険な事はなるべく回避したいものです。

    なので、ダメな行為を参考にして、飲んだ日は体を休める様に心がけて下さい。

    後は、睡眠時間に働いてくれる体内の成分にお任せしましょう。

    最後に

    ご紹介した飲酒後、寝る前の対策と危険行為をお話しました。

    何事も適度に楽しむ事が大切ですからね!無理のしすぎは体を壊しますので注意です。

    楽しいお酒の飲み方で、翌日は元気な1日を迎えれる様に心がけましょう。

      【関連コンテンツと広告】

      コメントを残す

      CAPTCHA