今すぐ何とかしたい手汗を止める方法まとめ!8つの即効性からガッツリ治療系まで紹介!

    出て欲しくないシーンで嫌でも出てくる手汗。仕事の大事なシーンやデート中など、他人にバレたくないですよね。

    止まれと思うほどに吹き出てきて余計に頭がパニックになります。

    そんな手汗を抑える方法って知りたくないですか?

    原因がさまざまである様に、対処法もさまざま種類があるので、手汗に悩んでいるあなたに安心して頂ける方法を集めました。

    即効性のある方法から、時間をかけて治療を施していく方法まで網羅しました。

    あなたの手汗に対する悩みの深さで対処法は変わってきますので、ぜひ参考にしてください。

    スポンサードリンク

    手汗ってなんで出てくるの?

    手汗は精神発汗から来る原因が多く、ストレス、緊張、興奮、不安などが大きく関係しています。

    緊張、興奮はさまざまな場面で起こり「緊張してるな~」と自分でも気付くことが多いのですが、不安やストレスは自分でも気付かないうちに溜まっていってる事が多いです。

    精神性は心や性格などが関係している事が多くしっかり手汗を直す為には、メンタル面を治す事も大切です。

    ここから手汗だけでなく心にも良い対処法から簡単な対処法までご紹介したいと思います。

    オススメ!!手汗を止める対処法8選!!

    一刻も早く治したいあなたにとって即効性は凄く魅力的ですが、継続的に続け少しづつ改善出来ることも凄く大切な事だと思います。

    悩みは誰でも一刻も早く改善したいもので、私も即効性をもとめてしまうタイプですが、継続的に続ける事でまた再発しない様にすることも大切なので、無理ない程度に日常生活に取り入れる事も大切です。

    そんな継続できる方法、そして即効性のある対処法をご紹介したいと思います。

    ①気にしない事!!(リラックス・深呼吸)

    これが実は、一番大切な事で悩みになっている本人にとっては、一番難しい…。

    ですが、考え過ぎてしまう事はよくありません。

    手汗に集中し他の事が頭に入らなくなるほど過剰に気にしてしまう事で「何故、止まらないの?」と不安になり焦りますよね…。

    焦りや不安にかられてしまう事で交感神経が反応し、気にしなければ知らないうちに止まっている汗も出続けてしまうのです。

    汗が気になりたまらない時こそ冷静になる事が重要で、気持ちを静め深呼吸する事が大切です。

    深呼吸し落ち着くことで副交感神経の働きからリラックス状態になり少しずつ汗を抑える事が出来ます。

    ②生活リズムを整える。

    不規則な生活をし続ける事で体内時計に狂いが生じてしまいます。正常の体内時計を保ち、調節をする働きを持っているのは自律神経です。

    自律神経の乱れから体内環境が悪くなり、手汗だけでなく体調不良など健康にも害が及ぶので早めに改善したいところです。

    生活リズムを整える為に不規則だったあなたの生活習慣を見直す必要があります。

    一般的に健康な生活と言えば、早寝早起き、健康な食事面、適度な運動が生活リズムを整え手汗、そして体の健康にもGOODです。

    しかし、急に生活リズムを変えて規則正しく・・・と無理に頑張り過ぎることは知らぬ間にストレスとなり逆効果になる可能性もありますので、1つずつ、あなたの生活に取り入れそうな事から始めるのがベストです。

    ③自分で簡単!ツボ押し。

    周囲にも気付かれずに、誰の目も気にならないお手軽さはツボ押しがオススメです。

    手汗を止めるツボは、労宮(ろうきゅう)と言います。

    労宮は、手の平の真ん中にあるツボの事で何も必要ありません!

    『ただ、手の平の真ん中を押す』これだけで即効性はありますが、気休め程度なので完全に直る事はありません。職場や外出先で困った時はこの方法を試して見てください!

    (ポイント)
    「痛い」と感じる位が丁度良いです。強く押すことでリラックス効果が現れるので、緊張している時なんかにもオススメです。

    ④睡眠時間の確保。

    睡眠中の中で最も良いのが深い眠りの時間です。睡眠にはリラックス効果があり副交感神経の働きを活発にします。

    浅い眠りでなかなか疲れが取れない方も多いですが、意外と少し環境を変えてみるだけで深い睡眠を取れる事もあります。

    あなたはぐっすり眠れる環境は整っていますか?

    どんな環境が深い眠りに入りやすいのか簡単にご紹介します。

    (深い眠りを作る条件!!)
    1、音の無い環境(静かな場所)
    2、光の調節(一番ベストな環境で良い!)
    3、電磁波を避ける。(TVやスマホ、PC類)

    この3つが重要です。

    そして睡眠時間では7時間~8時間がベストな睡眠時間だといわれています。

    浅い眠りから深い眠りに入る時間や、早寝早起きの平均的な時間など理由はさまざまあります。

    スポンサードリンク

    ⑤気温の差

    寒い時期、暑い時期に使用する冷房や暖房の使用には注意が必要です。室温と外気の温度差が激しいことで交感神経の働きが活発になります。

    更に風邪を引きやすくなってしまったり、体内の温度調節がなかなかスムーズに行う事が出来ません。

    なので、適度な温度を心がける事が大切で冬の場合、1日の気温の+5℃位が室内の適切な温度であり、平均18℃~22℃がオススメの温度です

    1日のお天気によっては変化はありますが、毎朝天気予報を少し気にかけてチェックするのが良いでしょう!!

    ⑥制汗剤

    身近で簡単!そして誰もが一度は購入を考えますよね。即効性も期待でき、嬉しい商品は沢山販売されています。

    ハンドクリーム、スプレーなどさまざまあり、オススメの商品、効果のある商品が分からない。なんて事ありませんか?

    そこで今回は口コミなどで人気の商品を3つ厳選しご紹介したいと思います。

    商品の詳しい内容を知って貰う為に、URLも載せていますので、詳しくはそちらを参考にして下さいね。

    第3位…オドレミン


    Amazon:【日邦薬品】オドレミン 25ml

    楽天:【メール便★送料無料】オドレミン 25ml 日邦薬品工業【医薬部外品】

    手汗専用ではなく皮膚全体に使用出来るので、汗を1つの商品で全身抑える事の出来る便利な商品です。

    オドレミンには、しっかりと汗を抑える働きをする塩化アルミニウムの成分が配合されています。

    クリームやスプレーとは違いローションタイプで使用感のない付け心地、そして全身に使える事から、より多くの汗を掻く夏にも役立ちますので年中使用する事が可能です。

    第2位…FARINE(ファリネ)

    即効性のあるスプレータイプ。パウダータイプなので付けた瞬間から手がサラサラになり素晴らしい!と好評です。

    美容師、新聞といった雑誌系に多く取り上げられています。

    なんと言っても手汗の為に開発された商品で、まさにあなたの悩みにピッタリのアイテムです。

    パウダータイプなので、即効性も高くその場しのぎではなく症状を改善に導く事もできます。

    カバンに入るサイズなので、出先で急に困ったときでも簡単に使えて対策できます。速攻性としっかりと症状を改善する2つがあるので手汗ならこれがベストです。

    →ファリネ

    第1位…TESARAN(テサラン)

    小さな子供でも使用可能な肌の弱い方にオススメです。勿論、お子さんもいる主婦にも…

    ハンドクリームで持ち歩きに便利で、制汗剤とは思われないシンプルで大人っぽいパッケージなので、携帯しやすいのがありがたいです。

    TESARANは、通販では堂々の1位で人気があります。

    2位のファリネとの違いはクリームタイプということがまずあります。

    ここは、あなたの好みによっても変わってくるので、自分に合う方を選ぶのがいいです。ちなみに、私はクリーム派です。

    また、テサランは定期購入の必要がなく好きな量だけ購入できるのが魅力です。ネット通販の商品は初回は安くなっていて2回目以降は高くなり継続回数を迎えるまで解約できない物があります。

    例えば3回縛りで買ったけど効果がなかったら非常にもったいない・・・。

    しかし、テサランはそういった決まりがなく購入ができます。また、効果がないと感じたら返金も可能です。

    手汗の対策商品の中でも人気が最も高く効果はもちろん、買いやすさでも良い商品なので、私の中で1番のおすすめです。

    19回もの施策を繰り返されていて、プロのヘアメイクアーティストも使っているほどの信用力ですからね。

    クリームタイプでも平気!って方はこちらがおすすめですよ!

    →テサラン

    この3つの商品は、検索も多くリピート率も多いので安心して使用出来る商品だと私は思います。

    手軽さなど自分に合いそうなものをまずは探してみませんか?

    他にも手汗に効く制汗剤は沢山ありますが、今回は厳選して3位までをご紹介しました。

    ⑦注射

    全然、改善されない。対処法はやり尽くした…。

    そんなあなたには、ボトックス注射という方法もあります。

    ボトックス注射とは、神経をブロックし汗を抑える方法です。手汗の場合、手の平に直接注射します。

    私は注射が大の苦手なので勇気はありませんが、病院によっては、最新の痛くない注射もあるそうなので注射が怖い人は1度、皮膚科で相談してみるのも良いです。

    ボトックス注射の持続力ですが、1度の注射から大体3ヶ月~6ヶ月は効果があるそうです。

    ただし1年間の間に通院をしないといけないので少し長い治療方法にはなります。

    ⑧手術

    最終手段とも言えるのではないでしょうか…。

    費用も高いので、簡単ではないのでオススメは出来ませんが、【多汗症内視鏡手術】という方があります。

    相場で30万円程になり、「代償性発汗」といって手汗が止まる変わりに他の箇所の汗が酷くなるかもしれない…。

    という副作用が上げられています。副作用を考えるとリスクがありますよね…。

    この「多汗症内視鏡手術」の内容としては、脇の下を切り交感神経の切除をするといった、汗と直接関わりのある部分から直していく手術方法です

    交感神経を切除する事で手汗は、ほぼ抑えてくれるといえます。

    まとめ

    手汗の対処法を8つご紹介しました。

    手汗を抑える為に重要な事は、副交感神経を優位に立たせ、交感神経の過剰な働きを止める事です。

    あなたが簡単に出来そうな対処法は見つかりましたか?

    副交感神経を働かせるには、女性の場合、入浴もオススメです。

    特に冬は寒いので暖房で体を温めるのではなく、入浴といった健康、美容にも良い方法もオススメですよ。

    まずは上記の方法を参考に自分に合う良い効果をもたらしてくれそうなやり方を実践して下さいね。

      【関連コンテンツと広告】

      コメントを残す

      CAPTCHA