汗ジミで服が赤くなった!?コレって何?危険なサイン!?

    汗染みが黄色くなる事は結構経験が多い方も多いですが、汗染みが「赤い!?」なんて経験をした事がありませんか?

    赤い染みなんて、普段は見ないものなのでとても怖くなると思います。

    そんな赤い染みの原因、実は危険なサインが潜んでいるのかもしれません。

    赤い染みは、洋服の中でも薄いブラウス、コバルトブルーの様な綺麗な淡い色には、本当に服にとっても命取りです。

    1度でも経験のある方は、原因を早めに知っておく事が重要です。そんな赤い染みの原因について詳しくご紹介したいと思います。

    赤い染みの原因とは?

    まず、通常は洋服に赤いシミが付く事はあまりありません。

    なので、何か色のある物が服についたんだろう・・・って見過ごす場合が多いです。

    そんな原因が分からない赤い染みですが、考えられる理由はいくつか存在します。

    では、この赤い染みは一体何が原因で起こってしまうのかを知って行きましょう!

    赤い染みの原因には2つの体質が関係しています。

    この2つの体質は似ている様ですが、違いもありますので2つの原因についてご紹介します。

    スポンサードリンク

    ①ワキガ

    脇の下に赤い染みが出来てしまうのは、ワキガ体質が考えられます。

    ワキガの特徴と言えば汗のニオイが周囲の人へ迷惑をかけてしまう程の悪臭を放つことが、最大の特徴とも言えます。

    例えで言うとこんなものが例に挙げられています。

    • 鉛筆の芯の様なニオイ
    • 玉ねぎや青ネギが腐りかかった様なニオイ

    この2つの様な臭いを周囲が気付く位のニオイで放ってしまうのです

    そして自分で気付いていない。という方も多く、周囲の人たちも言いづらい事なのでずっとそのままで居る事も多いです。

    そして体質というだけあって大人だけでなく子供になりやすく、子供の場合は集団生活の中で過ごす事が多いので、イジメの対象になってしまったりと凄く厄介な問題です。

    ワキガ体質は汗を出す汗腺に問題があります。

    汗腺は、2つの種類が存在していて、エクリン腺、アポクリン腺の2つが存在します。

    この2つの詳しい事は別の記事にある「黄ばみの原因」についての記事にご紹介していますので、詳しいことはそちらを参考にして下さい。

    ここでは簡単に紹介しますが、ワキガ体質の方というのは、ニオイ、べたつきを発生させるアポクリン腺からの出る汗が関係しています。

    アポクリン腺は脇などの一部分に存在し脇、陰部、乳首の周辺などに存在し、脂質やアンモニアなどの成分が含みます。

    そこからニオイ、そして黄ばみは勿論の事、赤い染みを発生させてしまうのです。

    ワキガの場合、原因となるアポクリン腺の汗の成分が多い事で、ニオイをどんどん強烈にしてしまうのです。

    汗には、さまざまな原因があり、アポクリン腺から出る汗が全てワキガとい事ではありません。

    しかし、問題なのは今までに1年中、汗の独特のニオイ、そして染みに悩まされている方はこのワキガ体質の可能性が高いとされています。

    多汗症など汗の原因はさまざまにありますが、ワキガの場合は体質によるもので、すぐに完治させるということは非常に難しいです。

    ですが、汗の改善法にもあるように、食事の改善、運動方法など身近にある生活習慣を少し変えるだけで、ニオイや赤い染みを軽減させる事が出来ます。

    汗を抑える為の改善方法は、汗関連のさまざまな記事に載せていますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

    ②局所多汗症

    局所多汗症もワキガと同じ様に、生まれつきの体質が関係しています。

    しかし、ワキガとは少し原因に違いがあるので、ワキガとの違いをご紹介したいと思います。

    局所多汗症の場合、汗を掻くのは脇汗だけとは限りません。

    全身に汗を大量に掻いてしまう全身多汗症とも違い、足の裏、手の平、顔や頭といった体の1部にのみ大量に汗を掻くのが、この局所多汗症の特徴です。

    何故、一部にだけ汗を掻くのか…。

    現代の進歩でも明確には解明されていませんが、局所多汗症と最も関係の深いものは、自律神経の乱れが関係しています。

    手や足の様に大量の汗を掻いてしまった時に、すぐに洗う・拭くという事が出来る部位なら汗染みはできません。

    しかし、脇汗の場合は大量に汗を出し、洋服を湿らせてしまいます。服に当たる部分だし、すぐに拭くこともできないですからね・・・

    このように、汗で濡れた洋服に付着した汗が赤い染みになってしまうのです。

    ワキガ、局所多汗症の2つはどちらも通常のエクリン汗腺から出る汗の場合は、赤い染みにはなりません。

    しかしアポクリン腺から出る汗は、脂質などの他にも色素や鉄分といったさまざまな成分が含まれている為、脇部分に汗以外の成分が付着してしまう事が赤い染みを作る大きな要因となります。

    では、この赤い染みの最も大きな要因以外に考えられる事は、他にも存在しますので、赤い染みと関係がありそうな原因もご紹介します。

    スポンサードリンク

    ③色汗症

    初めて聞く方も多いと思われるこの色汗症ですが、これもアポクリン腺から出る汗が関係しています。

    アポクリン腺から出る汗はさまざまな成分があり、その中には何度もお伝えしている様に汗と成分が混ざりあっています。

    そんな混ざり合った成分が色素を作りだし、色をつけてしまった汗が、脇の下に赤い染みを作り出してしまいます。

    この色汗症は、赤い染みだけでなく、黄ばみは勿論の事、稀に化学反応を起しなんらかの条件が揃うと青や緑といった汗の染みを作りだすこともあります。

    青や緑なんて色は、もっともっと驚きで「病気になったのか…」と焦りも感じてしまいますが、色汗症は特別病気というものではなく、不思議な科学反応が起きてしまい、生理的に起こるものだといわれているのであまり心配はいりません。

    ④病気

    汗染みが赤いのか…。汗が赤いのか…。

    この赤い汗染みの付着の最も怖いものが、「血汗症」という病気です。

    血汗症とは、汗の中に血が混じり皮膚に出血した時血液が混じって汗が出ている事です。

    この血汗症は、血友病や紫斑病という病気が潜み、稀に下着などに付着している事があります。

    ただ、この病気は、脇汗だけでは症状としてはあまり考えられないので、脇染みが赤い場合は、まず病気よりは①~③の原因を考える方があなたの汗の原因は近いと思います。

    後、考えられるものと言えば、外傷によるものの可能性が非常に高いと思います。

    脇が擦れて血が出てしまっていた場合、気付かないうちに起こった外傷が原因の可能性も高いので、あまり過剰に気にするのはよくない事です。

    それでも「いや!病気だ」と心配になられる方は、内科の受診をオススメします。

    まとめ

    あまり見かけない赤い染みが突然あなたの脇に表れてしまった場合は、4つの原因のうち3つが、最も考えられる原因でした。

    1. ワキガ
    2. 局所多汗症
    3. 色汗症
    4. 病気

    なかなか黄ばみなどとは違い自分では治す事が困難な為、やはり危険なサインだと認識し注意をする事が大切です。

      【関連コンテンツと広告】

      コメントを残す

      CAPTCHA