足の爪が黒くて痛い!そのまま放置するとヤバイかも・・・?

    足の爪が黒くなって
    痛みを感じていませんか?

    何気なく足をみたら
    爪が黒くなってる・・・

    この状態には色々な
    原因が隠されています。

    軽度な物から
    それ早めに治療しないと・・・
    となることまで。

    爪が黒くなった時に
    考えられる原因をまとめました!

    あなたが今、当てはまる物が
    ないかチェックしてみてください!

    爪が黒くなる原因(軽いもの)

    まずは軽いモノから行きましょう!
    ここで上げるものであれば
    適切な処置をすれば完治する物です。

    ただ、放置は良くないので
    しっかりと対策はしてください!

    スポンサードリンク

    内出血

    重いものを運んだ時に
    ふと、手を滑らせ・・・ゴンっ。

    他にも、タンスの角などに
    アタックして強打したとき。

    もしかすると
    爪の内側が内出血
    している可能性があります。

    基本的に重症でない限りは
    自然治癒で治るので
    できるだけ動かさず待ちます。

    腫れがひどかったり
    爪の色が変色した場合は
    皮膚科等へ行くようにしましょう!

    私もドアで挟んだり
    角に激突を繰り返しますが
    自然治癒で治っていますw

    ほくろ

    爪にもほくろが
    できるって知っていましたか?

    これは意外に悩む問題です。
    突然、黒くなる場合は色々な
    原因を考えますからね。

    しかし、ほくろの場合は
    判断は比較的、簡単です。

    色素沈着が原因なので
    爪が伸びるにつれ
    移動すれば安心です。

    逆に変わらない場合は
    下で書いているメラノーマの
    疑いもあります。

    血豆(爪下血腫)

    内出血と近いものですが
    血豆も黒くなってしまします。

    ただ、血豆の場合は血を抜く
    という処置が必要な場合があります。

    特に爪の内側にできると
    膨らんで痛みを感じたり
    爪が浮き上がる事もあります。

    私は指などの血豆であれば
    針などで刺して抜きますが
    足の場合は怖いですよね・・・

    傷みも伴っていると思うので
    皮膚科へ行き抜いてもらう
    方が安心で痛くないでしょう!

    便秘


    最近は男性でも多い便秘。
    実はこれも原因となります。

    便秘になると内蔵に負担がかかり
    爪に斑点などが出るケースがあります。

    便秘になるということは
    老廃物が体の外にでない状態。

    更に血の巡りも悪くなるので
    つま先まで、血が回らず
    色素が変色する事もあります。

    便秘と重なった場合は
    まずは腸内改善から始めましょう!

    黒くなる原因(要注意!)

    ここでは、治療したほうがいいかも・・・
    といった、注意すべき内容を
    まとめています。

    基本的に足の治療や薬での
    治療が多いので早めに
    医療機関へ診察に行きましょう!

    スポンサードリンク

    メラノーマ(悪性黒色腫)

    爪が黒いと聞くと
    この名前を想像する方も多いはず。

    メラノーマと呼ばれる
    悪性の皮膚がんになります。

    このメラノーマは皮膚に
    出来てほくろと勘違いするものでしょ?
    って思うかもしれません。

    しかし、爪は皮膚が硬質化した
    物になります。

    メラノーマができる事も
    ありますので注意しましょう。

    では、具体的な症状ですが
    以下のものがあります。

    • 縦に黒い線が出てくる
    • 爪が伸びても消えない
    • 爪の形が変形する
    • 皮膚にも変色が出てくる
    • 時間が経っても消えない

    メラノーマとほくろの
    大きな違いは消えないところです。

    内出血などであれば
    時間と共に消えていきますが
    メラノーマは消えません。

    万が一、爪に黒い線や斑点
    を見つけたら診察をしたほうが
    安全ですね。

    グリーンネイル

    名前からして怖いですよね・・・
    これは主に女性が多く
    発症する症状です。

    女性の方でネイル(つけ爪)を
    した時に多い症状です。

    爪の色が緑や黒っぽく変色し
    爪が痛んでしまう病気です。

    つけ爪と自爪の間から
    細菌が入り発症します。

    これはカビ菌の一種なので
    早めの処置をすれば平気ですは
    重症になると、ほかの病気を
    併発する恐れもあります。

    私は男なので分かりませんが
    女性はネイルケアはしっかりと
    する必要がありますね!

    アジソン病

    これは、副腎皮質ホルモン
    と呼ばれる生命活動をする上で
    必要なものが生成されなくなる病気です。

    このホルモンが不足する事で
    出てくる症状に、皮膚が黒くなる
    というものがあります。

    これは、爪にも現れる症状で
    放置しておくと危険です。

    更にアジソン病は「難病」にも
    指定されている病です。

    年齢では40~60代の
    男性が一番多いそうです。

    あなたが、この年齢層で
    あれば、一度検査をしてみる
    事もおすすめします。

    症状としては

    • 全身の倦怠感
    • 筋力の低下
    • 嘔吐
    • 下痢
    • 発汗
    • 色素沈着
    • 関節痛

    など、全身に何かしらの
    異変が起こりうる病気です。

    治療後の後遺症も
    残りうる病なので
    気にかかる点があれば診察を受けましょう。

    最後に

    爪が黒くて痛いのを
    放置すると、様々な病気などの
    可能性があるのがわかったと思います。

    血豆や内出血などは
    思い出すと、ぶつかった事や
    何かに挟んだなどの原因が浮かぶと思います。

    しかし何も無く黒くなり
    痛みが出るのはすこし
    怖いかもしれませんね。

    爪だからと言って甘くみず
    早めに診察を受けたほうが安心です!

      【関連コンテンツと広告】

      コメントを残す

      CAPTCHA