鼻をかんだら血が出た!考えられる原因と対処法!

    ただ鼻をかんだだけなのに鼻から血が・・・。

    こんな事、滅多に起こる事じゃないからビックリしますよね。

    大体、冷静に考えると、「鼻の中、切れた?」って思いますが、切れてるかどうかなんて見れないから分からないですよね。

    安易に考えてるから病院にもいかないし、自然に治るの待つって感じではないでしょうか?

    でもその放置が原因で、重大な病気にかかってるかもしれないリスクが潜んでいる事をご存知ですか?

    もしも危険のサインなら絶対見逃してはいけない問題ですよね。

    なので、まずは原因をしっかり知ってから対処を知りましょう。

    原因と対処を知って急な時にも対応出来る知識を身に付けよう。

    鼻にはキーゼルバッハ部位と言うものがあります。ここは血管が沢山ある箇所になるんですね。

    鼻は吸気の加湿の為に大量の血管が循環している事から、少しの傷から出血をする様な部位なのでとても繊細なんです。

    この部位は些細な事で傷がついてしまうと書きましたが、本当に日常の中で自然にやってしまっている事なんですよ・・・

    これから、その原因を紹介しますので、ぜひ参考にしてください!

    何気ない鼻血でも、危険な病気につながりますからね!

    アレルギー性と風邪

    アレルギーと風邪の場合も鼻から血が出る原因になります。

    本当に些細な事がきっかけになるので、チェックしておきましょう!

    <原因>

    あなたの鼻の気持ち悪い原因は、アレルギーや乾燥ではないですか?

    ・ハウスダストやダニ(通年アレルギー性鼻炎)

    ・花粉(季節性アレルギー鼻炎)

    この2つのアレルギーは、鼻の粘膜を弱らせてしまうので、鼻をかんだり刺激を与えると鼻血が出たりします。

    季節の変わり目や春に近づくと辛いですよね。私は花粉症なのでもう最悪です。

    花粉症と言っても色々あるので、検査して見ないと何が原因かはわからないんですよね。

    毎日、寝ていても鼻がズルズル状態です。笑

    ちなみに、花粉の季節になって急に鼻や目に違和感を感じて「もしかして、急に?」って思ったこと無いですか?

    参考:花粉症が突然発症!?今までなかったのに急になるの?

    急に花粉症になったよ~って・・・その答えは想像と違うかもしれませんよ!

    そして風邪ですね。

    同じく粘膜が弱っている為に起こる症状で、菌を追い出そうと鼻水と一緒に血が流れてきます。

    風邪の場合は粘膜が弱る事もあり、よりナイーブな状態になります。

    鼻をかむ時に思いっきり鼻の頭を抑えてかんでませんか?

    勢いよくチーーンってかんでませんか?

    よく、しがちな事でも鼻の毛細血管は切れてしまいます。

    ここで、大事なのが「鼻のかみ方」です。私のおすすめの方法がありますのでご紹介しますね!

    <対処>

    鼻をかむ事をまず控える様にしましょう。

    あまりかみ過ぎて粘膜に傷が付くと、今度は細菌が入り混みやすくなります。

    控えても鼻が気持ち悪い時は少し威力を下げる事です。

    あんまり何回も勢いで鼻をかむと自分でも痛い時ってないですか?

    私の教えて貰った方法を1つ紹介します。

    私は昔、鼻をかむ事が凄く苦手でちゃんとかめないし、鼻をかむなんか恥ずかしいと思い結局気持ち悪いままで毎日鼻がズルズルしてたんです。

    そんな時教えて貰ったのがシャワーを使った方法でした。

    ・シャワーで手にお湯を含み鼻にお湯を入れる感じで吸います。
    注(優しくで・・・一気に入ると半端ない位、痛いです)

    ・片方の鼻を押さえてそのままかむ。
    すると、結構鼻がスッキリします。

    これは私が唯一出来る鼻のかみ方です。笑

    もしくは鼻炎薬や花粉症の薬を飲む事をオススメします。風邪の場合はしっかり風邪薬を飲む事です。

    病院に行くのが1番良いですが、なかなかいけない人は鼻に効く風邪薬がオススメです。

    鼻水は延々と出てくるので、吐き出す事でスッキリしますが、こらえましょう!我慢です。

    私も鼻をかむのが苦手だったので、かむより拭う感じで過ごしてきましたが、慣れると違和感ないですよ(笑)

    そしてどちらもマスクをして出掛ける方が鼻への刺激が少ない為オススメです。

    副鼻腔炎(ふくびくうえん)

    鼻の粘膜に細菌が溜まり、炎症し鼻をかむと「血」が混ざります。

    症状としては、鼻水、鼻詰り、頭痛、目眩を引き起こします。

    膿が溜まる事でほっぺが腫れたり、息を吸うと鼻から臭いがします。

    そのまま放置していると、膿を抜く為に最悪は手術しないといけない恐ろしい病気です。

    3ヶ月以上、放置すると慢性副鼻腔炎は蓄膿症と呼ばれます。

    <対処>

    なるべく早く耳鼻科へ受診する事をオススメします。

    蓄膿症になると治療は半年程、通院しないといけない場合もありますよ。

    蓄膿症の薬も出ていますが、きちんと治すならやっぱり医療機関が確実です。

    鼻をかんでも膿が出るし、嫌な臭いが延々と続くって嫌ですからね。早めに対処しましょう!

    上顎ガン

     

    この上顎ですが、鼻の横から奥に広がる大きな空洞の事を言います。

    そして慢性副鼻腔炎(蓄膿症)に凄く関係の深いガンです。

    慢性的な蓄膿症は、この上顎ガンの原因と言われています。だからこそ、早めの検査が大事になるわけなんですよ!

    このガンですが、日本での患者は約1000人ほどの稀な症状です。男性が多いようです。

    稀だったら、大丈夫かな~・・・って思っていると危険ですよ!万が一、発症した時に対応できる病院は近くにあるでしょうか?医療体制は整っているでしょうか?

    数が少ないからこそ、実際にかかった時に大変な事になります。だから、自分にも可能性があるんだって危機感を持ちましょう!

    上顎ガンの主な特徴としては以下の物があります。

    • 頻繁に鼻から血が出る。
    • 頭痛が止まらない。

    何気ない症状ですよね?こう考えると怖いんですよ鼻から出てくる血って・・・

    このガンには上顎ガンの中にも5種類あるのでまとめて見ました。

    • 内方進展型
    • 下方進展型
    • 前方進展型

    この3種類に関しては治療がしやすく予後は良い傾向があります。

    しかし残りの2つは良い傾向ではない種類なので注意です。

    • 上方進展型

    目のくぼみにガンが広がる為、視力障害になる可能性があります。

    • 後方進展型

    脳と上顎の境の骨を破壊し脳の機能に障害をもたらす危険性があります。

    <対処法>

    これは本当に対処法なんて病院へ受診するしかないんです。

    こんな恐ろしい病気にかかるリスクが、ただ鼻をかむんで血が出た!たったそれだけの事で起きるんです。

    なので、「大丈夫」って簡単に決めないで下さい。

    初めに書いた2つの症状。

    ・頻繁に鼻から血が出る。
    ・頭痛が止まらない。

    これで、ドキッっとしたら一度検診を受けて見ることをおすすめします!

     

    最後に

    どうですか?鼻から血が出る事ってそんなに大げさに考えてなかったので怖いですよね。

    「ガン」なんて聞くだけでも恐ろしい病気です。

    大した事じゃないって言う考えは止めて、ちょっと大げさでもいいので、「大丈夫かな?」と考える事も凄く大切です。

    それと、やはり過剰な鼻かみは止めましょう。

    出来るだけ優しくしてあげてください。きっと鼻の中もビックリしちゃうんですよ!

    今回の記事で気になるところがあったら、迷わず耳鼻科へ行って見てください!

     

      【関連コンテンツと広告】

      コメントを残す

      CAPTCHA