頭がかゆい上にフケまで・・・一体なにが原因なの?

    頭が痒い事は日常の中での悩みの1つですが、痒みだけではなくフケが出るとホント最悪ですよね・・・。

    痒みだけなら、まだ周りに気づかれないし、そんなに不潔感はないですよね。

    しかし、フケとなると目で見えてしまうので周りに「不潔」と思われてしまったり、逆に自分も周りにそんな人が居たら「不潔・汚い」って思っちゃいませんか?

    なので、出来れば今すぐにでも改善したい問題ですよね・・・。

    まず、フケに種類がある事はご存知ですか?

    • 乾燥フケ
    • 脂性フケ

    この2種類で原因は変わります。

    まずはこの2つの原因をご紹介します。

    乾燥フケと脂性フケの違い

    乾燥フケと脂性フケは原因が異なる為、自分がどのフケか知る必要があります。

    症状を知ると、フケと言っても様々な種類があることが分かります。

    あなたはどっちのフケの種類ですか?

    スポンサードリンク

    乾燥フケ

    この種類は名前の通り、どれだけ清潔にしていても頭皮が乾燥する事で起きる現象です。

    乾燥する原因は・・・。

    • 洗浄力の強いシャンプーの使用。
    • 頭皮の洗いすぎ
    • 頭皮の洗い方

    主な原因は、頭皮の角質層に存在する頭皮の乾燥を防ぐ、セラミドや天然保湿因子が洗い流されてしまう事が原因になります。

    なので、頭皮の刺激に強いものや、爪を立てて洗う事は気づかずうちに、頭皮を傷つけることになります。

    乾燥フケの特徴

    では、次に乾燥性のフケに関して見て行きましょう。

    これからあげる特徴が、当てはまっていないか確認してください。

    • 細かくパラパラと落ちる
    • 頭皮がカサカサする
    • 生え際にウロコ状の湿疹がある

    乾燥フケになりやすい方は、乾燥肌の方に多いとされています。

    肌がカサカサになったりするのと同じですね。

    改善方法

    では、改善方法に関して紹介して行こうと思います。

    何気ないケアを変えるだけでも、効果は出てきますので、ぜひチェックしてください。

    洗浄力が強いシャンプーを使わない事。

    オススメなのは、アミノ酸系のシャンプーが頭皮に優しいです。

    アミノ酸は、頭皮や髪にハリやコシを与えてくれます。

    そして、女性に大好きなコラーゲンが配合されているので、美容効果があり髪や頭皮にも優しいんです。

    洗いすぎに注意。

    清潔にしよう!と言う気持ちが強すぎて、何回も洗ったりすると逆効果です。

    大切な保護成分まで洗い流されてしまって、乾燥を引き起こす原因になってしまいます。

    1日に1回のシャンプーで充分ですが、朝入る方もいると思います。

    洗うのは、1日の汚れを落とす夜が最適です。

    朝入る時は、お湯で洗い流すだけで充分OKです。

    (昼夜逆転してる方は説明の逆なので、汚れを落とすのは朝で大丈夫ですよ。)

    頭皮の洗い方に注意する事。

    頭皮をゴシゴシと爪を立てて洗う事は止めて、指の腹で優しくマッサージをする感じで丁寧に洗ってあげてください。

    爪で洗うと、かゆみも無くなって、確かに気持ちいいのですが、傷がつくことで炎症してしまい痒みやフケの原因を作ってしまいます。

    爪で洗うクセが抜けない場合は、頭を洗うブラシなどを利用しましょう。

    スポンサードリンク

    脂性フケ

    このフケが発生する原因は「マラセチア菌」の繁殖です。

    マラセリア菌とは、頭皮の常雑菌で、誰にでもいるいる菌なんです。

    頭が痒い人やフケが出るのは、マラセチア菌が沢山発生する事が原因です。

    多湿状態の場所を好み住みかにし、好物の脂質を脂肪酸に分解する働きがあり、頭皮に付着する事で炎症やフケを発生させます。

    脂質を増やしてしまう原因は・・・。

    • ホルモンバランスの乱れ
    • 未乾燥
    • 食生活の改善

    など、さまざまな理由が上げられています。

    脂性フケの特徴

    では、脂性の場合の特徴を見て行きましょう。

    先ほどの乾燥性と、大きく違うので必見です。

    • 髪や頭皮にくっつきやすい
    • 頭皮が油っぽくベタ付く
    • 自然に抜けた髪の毛の根元が白い
    • 頭皮の赤みや強い痒み

    脂と言うことから、やはりベタ付きが印象的なフケになります。

    改善方法

    では、改善方法を紹介していきます。

    乾燥性と違って、内面的な要素が多いので、生活習慣などの見直しが必要になります。

    女性のホルモンバランスの乱れ

    ホルモンバランスを整えるエストロゲンには、肌のキメ・ハリ・潤いなどの、美しいお肌を維持する為の働きがある為、エストロゲンが減少する事で頭皮環境が悪くなりフケの原因を作ります。

    なので、生活習慣を整えることが重要です。

    ストレスや睡眠不足は、ホルモンバランスの乱れの原因になりますので、しっかり体を休息させてあげる事が大切になります。

    また、女性ホルモンと聞くと女性だけのモノって印象があると思いますが、このホルモンは男性でもあります。

    初めに書いたように、肌のキメなどを整える作用があるので、男性であっても生活習慣を改善する事で、バランスが整います。

    未乾燥

    お風呂上がりに、ドライヤーをしない事ってありませんか?

    私はめんどうでたまにしない時があります。ホントめんどくさいんですよね。

    ですが、髪の毛を乾かさないと乾燥不足からマラセチア菌が発生する原因になります。

    しっかりドライヤーで髪の毛を乾かすことが大切です。

    食生活の乱れ

    偏った食生活は皮脂の分泌量が増えてしまいます。

    • 揚げ物
    • お菓子
    • 外食

    などの食生活が原因で、頭皮に影響を与えます。

    脂分は、過剰に取りすぎると、体内に蓄積され皮膚表面に滲み出てきます。

    フケの他にも、体臭などの原因にも繋がりますので、控えるようにしましょう。

    出来れば、ビタミン群(A~E)を摂取する事が大切です。

    脂質や糖質ばかりではなく、野菜や果物などの栄養があるものを一緒に摂取する事で、頭皮だけでなく肌トラブルの改善にもなりますよ。

    まとめ

    脂性と乾燥のフケを分けて説明しましたが、あなたに当てはまるものはありましたか?

    フケも痒みも原因は一緒です。

    頭皮環境が悪くなれば、フケは勿論の事、痒みも伴います。

    意外にもシャンプーなどだけではなく、日常の生活環境も頭皮への影響に関係しますので、環境の改善を行う事は頭皮だけでなく、肌トラブルの改善にも繋がってくるんです。

    頭皮は意外にも、繊細な箇所なんだな~っと私は思いました。

    ぜひ、痒みやフケが気になるあなたは、試してみてはどうですか?

      【関連コンテンツと広告】

      コメントを残す

      CAPTCHA