タバコを吸うと口臭が臭くなる原因!意外と知らないホントの理由

    タバコを吸うと口臭が
    臭くなるって言うのは
    何となくわかる。

    だけど、詳しい原因に
    関しては知らないって
    人は多いのではないでしょうか?

    私もタバコを吸うのですが
    具体的な理由に関しては
    知りませんでした。

    特にタバコの匂いは
    周りにも不快感を
    与えるので、気にしたい所です。

    意外に知らない
    タバコを吸うと
    口臭が臭くなる理由について
    ここでは解説をしていきます!

    スポンサードリンク

    タバコを吸うと口臭が臭くなる原因

    タバコを吸うと口臭が
    酷くなる理由には
    主に2つの成分が影響します。

    • タール
    • ニコチン

    タバコに含まれる
    成分ですね。

    この2つが元になり
    あの匂いを発生させます。

    では、更に掘り下げて
    何故、臭くなるのか見ていきます。

    タール

    タールとは、わかりやすく
    言うと黒くドロっとした油。

    タバコを吸うと吸い口の
    フィルターが茶色く
    変色すると思います。

    これがタールで
    ネバついた物になります。

    いわゆる「ヤニ」ですね。

    タールは加熱する事で
    悪臭を発生させる特徴があります。

    火をつけて吸い込んだ
    時に歯などに付着して
    残り匂いの原因になります。

    よく、喫煙所などで
    壁にへばりついているベタベタが
    あなたの歯はもちろん
    肺や胃などにも付着します。

    肺は呼吸をする部位なので
    タールが付着していたら
    出てくる息も臭くなる・・・

    この悪循環になってしまいます。

    喫煙者でも、喫煙所の匂いは
    臭いって感じますからね・・・

    そう考えると
    匂いの理由もわかると思います。

    ちなみに、タールの粒子は
    細かく体の他にも
    服や壁にも簡単に付着します。

    ニコチン

    ニコチンは吸った時に
    神経に作用する効果があります。

    簡単に言えば依存状態になり
    無くなるとイライラしたりします。

    長期間、ガマンすると
    吸いたい衝動が押し寄せますw

    このニコチンは摂取すると
    以下のような状態になります。

    • 血管の収縮
    • 唾液の分泌量の低下

    体の血の巡りが悪くなり
    唾液を作る量も減ってしまいます。

    タバコを吸うと口が
    乾燥すると思います。

    唾液が少ない=乾燥する

    なので、口内の細菌の発酵や
    ヤニの付着なども重なり
    口臭の原因となります。

    スポンサードリンク

    タバコの種類なども関係

    タールとニコチンの
    他にも種類なども影響します。

    葉の種類によっても
    臭は大きく変わります。

    最近は匂いの少ない
    タバコなども売っていますが
    口臭対策にはならないでしょう。

    あくまでも外に出る
    煙の匂いが少ないって事ですからね。

    最後に

    タバコを吸うと
    口臭が臭くなる原因は

    • タール
    • ニコチン

    主に、この2つの
    成分が作用する事が理由でした。

    口臭を改善するならば
    一番は禁煙が最強です。

    ただ、そう簡単にできないし
    する気もないって場合もありますw
    (私もそう)

    なので、対策ををして
    少しでも減らすのがいいでしょうね。

    基本的にタバコを吸った後は
    ガムを食べるのはおすすめ。

    口を動かす事で
    唾液の分泌も促進されます。

    後は、一服のお供は
    コーヒーではなく
    お茶とか水が良いですね。

    わかると思いますが・・・

    タバコ×コーヒー

    これ、キラーコンボですw

    水分を補充できて
    殺菌作用のある緑茶は
    おすすめです。

    ぜひ、試してみてくださいね♪

      【関連コンテンツと広告】

      コメントを残す

      CAPTCHA