はちみつは何歳から食べさせて平気?加熱すれば平気ってホント?

    子供が小さい頃は、はちみつを与えてはダメ!って聞いた事があると思います。

    よく、ホットケーキシロップの裏に「ボツリヌス症の恐れがあるため、1歳未満には与えないでください」と注意書きしているのを見たことがありませんか?

    私はシロップはもちろん、育児書や離乳食の本に書かれているのを見たことがあります。

    しかし、とあるレシピサイトにはちみつを使った離乳食が紹介されているのを見てビックリ!

    あれ?1歳未満はダメじゃなかったっけ!?加熱をしたらいけるのかな??

    疑問点がどんどん増えてきますよね……。

    そこで今回は、はちみつを与えても平気な年齢から調理法まで徹底解説していきます。

    スポンサードリンク

    はちみつは何歳から食べて平気?

    厚生労働省によると、満1歳までは、はちみつは食べない方がよいと記されています。

    これははちみつに含まれるボツリヌス菌によるボツリヌス症の感染を防ぐためです。

    ボツリヌス菌は土壌や湖などにいる細菌。

    腸内が成長した大人などはボツリヌス菌が体内に入っても、腸内の細菌がボツリヌス菌をやっつけてくれます。

    しかし乳児の場合、免疫力や抵抗力が未発達のため、ボツリヌス菌と戦える細菌がいないのです。

    そのため、ボツリヌス菌は体内で繁殖して毒素を出し乳児ボツリヌス症となります。

    主な症状は、便秘、哺乳不良、活気がなくなる、無呼吸など。

    乳児ボツリヌス症の潜伏期間は3~30日ほどと長め。

    誤って、1歳未満の子供がはちみつを食べてしまったときは、早めに医療機関に相談してください。

    適切な治療を受けることで、症状は治癒します。

    まれに、レシピサイトなどにはちみつを使った離乳食などが紹介されていることありませんか?

    火を通してしまえば食べられるのかもと、気になりますよね。

    スポンサードリンク

    加熱すれば食べても平気なの

    レシピサイトに紹介されている離乳食にはちみつが使われていることがあります。

    火を通せば、ボツリヌス菌は死滅するんだー」と思いますよね。

    しかし、これは落とし穴!!!

    ボツリヌス菌は通常の加熱や調理では死滅することはないのです!

    ボツリヌス菌の耐熱性は120℃。

    自分で調理して、ボツリヌス菌が死滅しているか確認する事なんて簡単にできないですからね。

    市販のはちみつ入りのお菓子やジュースは、ボツリヌス菌の発症リスクが低くなるかもしれませんが、万が一を想定して与えない方が良いでしょう!

    最後に

    いかがでしたか?

    いろいろなレシピサイトには、はちみつ入りの離乳食レシピがありますが、家庭での加熱・調理ではボツリヌス菌は死滅しないため、食べさせないようにしてください。

    ボツリヌス症は適切な治療により治癒することがほとんどですが、まれに命に関わることもあるので気を付けましょう!

      【関連コンテンツと広告】

      コメントを残す

      CAPTCHA