子供が生卵を食べても平気な年齢はいつから?ママさん必見!

    生卵って何歳から食べられるか知っていますか?

    体の機能が発達してくる、3歳ごろからOKだと思っているママって多いと思います。

    実際に、育児書や育児サイトには“生卵は3歳から少量ずつ食べさせられる“と紹介されていることが多いです。

    しかし!

    生卵には怖い菌が潜んでいるのです…。

    今回は生卵を食べさせられる年齢から誤食したときの対応まで紹介したいと思います。

    スポンサードリンク

    子供は何歳から生卵を食べて平気?

    3歳になると、免疫機能が出来始められるため、生卵は多くの家庭が3歳頃から食べ始めているそうです。

    しかし、消化器官や免疫機能が完成する、10歳頃に与えるのが良いと考える医師もいます。

    なぜ、消化器官や免疫機能が発達するころが良いのかといいますと、卵にはサルモネラ菌という菌がいるため。

    サルモネラ菌は非常に怖い菌で、最悪命に関わるかもしれないのです。

    なぜ年齢に達しないと食べてはダメなのか?

    通常、卵は冷蔵庫で保存をしますよね。

    冷蔵で保存しておくと、サルモネラ菌は大丈夫だといわれています。

    しかし、常温で放置や保存をした状態で、生卵を食べてしまうとサルモネラ菌による食中毒を引き起こす場合があります。

    サルモネラ菌での食中毒は命を落とすこともあるほどの恐ろしいもの。

    ただ、サルモネラ菌は加熱することで死滅します。

    2~3歳頃はしっかりと卵に火を通してから食べさせた方がいいでしょう。

    もし、子供が誤って生卵を食べてしまったとき、どのような対応をすればいいのか次に見ていきましょう。

    スポンサードリンク

    もし食べてしまったら

    サルモネラ菌は生卵を食べた後、12~48時間以内に体にさまざまな症状を引き起こす可能性があります。

    嘔吐・下痢・発熱などが出ますが、1週間ほどで治まることがほとんどです。

    もし誤って食べてしまった場合、嘔吐やぐったりしているなどの症状が出たらすぐに病院に連れて行ってください。

    吐いたあと、ぐったりしておらず元気な時は様子を見てください。吐いたものが喉に詰まらないように、横向きに寝かせてあげてくださいね。

    まとめ

    生卵を食べられる年齢は3歳からと表記しているところが多いですが、食中毒のことを考えると、今すぐ与える必要はないかなと思います。

    生卵を食べさせるときは、

    • 食べる直前に冷蔵庫から取り出す
    • 賞味期限以内の卵をあげる
    • 殻にヒビがある卵は食べさせない

    新鮮な生卵を食べさせてあげてくださいね♪

      【関連コンテンツと広告】

      コメントを残す

      CAPTCHA