ハエはどこから来るの?発生場所を特定し駆逐せよ!

    駆除しても駆除しても
    永遠と現れるハエ。

    一体どこから湧いてくるのでしょう。

    私の職場も何故かハエが
    大量に発生し悩んでいました。

    そこで、発生場所・原因を調べ
    対策をした所、最近は数が少なくなりました。

    私と同じく鬱陶しく悩んでいるあなた!
    ぜひ、同じ方法を試してみてください。

    スポンサードリンク

    ハエはどこから来るの?

    insect-1607816_640

    ハエの発生元ですが
    考えられるのは以下の場所です。

    • 生ゴミの腐敗したもの
    • 排水管や下水管
    • 動物の死骸
    • 観賞植物や植木
    • 外部からの侵入

    基本的に、腐敗した物や汚い場所
    発生原因となります。

    特に気をつけたいのは外部からの侵入

    わずか数センチの隙間からも
    奴らは侵入してきます。

    換気をする際は網戸などで
    しっかり対策をしないと
    増殖の原因となります。

    私の職場でハエが大量に発生した原因は
    外にある植物群でした。

    対策として伐採したところ
    腐った木々があり、付近で
    大量のウジを発見・・・

    強烈に気持ち悪かった。

    消毒などせずに放置している
    植物は危険ですので確認してみてください。

    また、ゴキブリは1匹いたら
    100匹はいると思えって言葉
    耳にすると思います。

    私はこれをハエにも言いたい!

    その理由に関しても
    書いていきますね。

    スポンサードリンク

    ハエの繁殖力は凄まじい

    shared-img-thumb-pak75_suwetnensyuu20141109154956_tp_v

    室内に侵入したハエがメスだったとしたら
    オワコンな可能性があります。

    ハエの寿命は約1ヶ月です。
    その間に5~10回の産卵をします。

    そして、1日に約50~150の卵を産みます。
    大きいハエ「キンバエ」は更に多い200~500。

    つまり、1匹のハエが一生のうちに
    少なくとも500匹を生む事になります。

    ゴキブリどころじゃありませんw

    そして、1ヶ月ほどで成虫になります。

    1匹の侵入は500匹の侵入と
    考えておくほうが良いですね。

    室内にはいるとハエにとっては
    まさに桃源郷です。

    居心地が良すぎて
    出ていくことはありません。

    はじめに上げた発生場所。
    ここをキレイに保つ事も
    駆逐するための立派な手段です。

    ウジの段階で駆逐せよ!

    ハエはブンブンと飛び回り
    姿を消す存在。

    見逃したら最後
    しばらく見つからないなんて
    事もざらにあります。

    最近ハエが多いな~って
    感じたらウジがどこかで
    ウヨウヨしているサインかも?

    私のように外の植物から
    出現するパターンもあります。

    人によってはダンボールの中に
    食べ残しがあり、そこから湧いたり
    床下収納のたまねぎからなどもありました。

    発生源を絶たない限り
    奴らの増殖は止まりません。

    ちなみに、ウジを発見したら
    70度以上の熱湯をかければ駆逐できます。

    殺菌にもなりますので
    一席二鳥ですね。

    今一度、家・事務所の中を
    調べてみてください。

    最後に

    ハエは特別、悪さをする虫では
    ありませんが、危険な虫に変わりないです。

    やはり、汚物を食べて生きているので
    病原菌を体に蓄えています。

    まさに病原体の運び屋。

    体に付く、食べ物に止まるなどして
    間接的に私たちに影響を及ぼします。

    ハエも生きる為に必死でしょうが
    私たちも必死です。
    今月もピンチ・・・違うかw

    ハエは仲良くできる存在では無いので
    確実に駆除して清潔な空間を保ちましょう!

    コバエ対策の記事も書いています。
    こちらでは具体的な対策法を書いているので
    参考にしてみてください。

    参考:窓に大量発生するコバエの駆除方法!私が試した5つの対策!

      【関連コンテンツと広告】

      コメントを残す

      CAPTCHA