神社に参拝に行くときの正しい時間帯はいつ?夜に行くのは縁起が悪い?

    神社に参拝に行くとすごく晴れやかで、清々しい気持ちになりますよね!

    ところで、あなたは神社に行く時間帯って気にしたことはありますか?

    『いつでもいいんじゃない?』、『時間帯とか決まっているの?』

    など声が聞こえてきそうですね!

    実は、神社に参拝に行く時って、正しい時間帯やマナーがあるんですよ。

    しっかりと知ると、お祈りも神様にしっかり届くかも?

    スポンサードリンク

    正しい時間帯はあるの?

    では、神社に行く際に一番よいとされる時間帯を見ていきましょう。

    最も最適な時間帯は以下のものになります。

    ・早朝5時~7時もしくは午前中

    思ったよりも早い時間でびっくりしませんでしたか?なぜ、この時間帯なのか理由を解説しますね!

    この時間帯は人の往来が最も少なく、『人の雑念が少ない』からと言われています。

    神社にはそれぞれいろんな想いを持った人々が訪れます。人が少ない時間帯であれば神様にお願い・感謝の気持ちを伝えやすいとされているからです。

    私が旅行中などに神社へ参拝に行く時は、神社をスケジュールの中心にしてなるべく午前中に行くようにしています。

    もし午前中に行くのが難しい場合は、14時くらいまでには行くようにしています。それ以降の時間帯は基本として行かないようにしています。

    考えてみれば、神様も多くの人の声を聞くことは難しいですからね。人数が少なく落ち着いた時間帯の方がお願いも届きやすいって思えますよね。

    朝の神社は、空気も澄んで、なんだか神聖な感じもするので心も体も癒されますので、ぜひ行ってみてください!

    夜に行くのは良くない?

    さて、次は夜の神社に関して。最近はライトアップされて美しい神社も増えていますよね。

    しかし、本来の正しい時間帯は基本的には朝方がベストとお話しました。

    そうなると、夜の参拝ってどうなんだろう?って気になりますよね?ここに関しても紹介しますね。

    結論から言うと、行っても平気です。

    ただ、中には神社は神様の家だからダメだ!という意見もあります。

    実際私たちの世界でも、夜や夜中に急に家に来られたら良い気はしませんよね?私たち日本人の、相手に対する気遣いの部分で『夜はダメだ』と言われているのではないでしょうか。

    しかし、古くから御百度参りや初詣など夜に参拝しているのも事実です。御百度参りの場合は、神様に対しての『直訴』に当たります。

    ※御百度参り:神仏に祈願するために同じ神社・寺に100日間毎日参拝する事を百日詣と呼びます。または100日間も時間をかけてられない急を要する祈願を、1日で100回参る事で百日詣の代わりとする事を言います。古くは鎌倉時代に編成された書物にも記述がある歴史あるものです。

    →白装束を着て参拝しているシーンが時代劇などにも描かれています。

     

    初詣はともかく御百度参りをする際は、神様に『こんな時間にきてしまい申し訳ございません。どうか私の願いを聞いてください。』と感謝の気持ちを持って参拝するようにしましょう。

    ただし、夜の神社は暗い所もあるので、気をつけて参拝するようにしてください。

    ※神社によっては夕方以降は犯罪防止のため門を閉める所もありますので、事前に調べておいてください。

    スポンサードリンク

     

    神社の入口は気をつけて!

    時間帯さえ良ければ場所は問題ありません。しかしここで守ってもらいたいのは、境内に入る場所です。

    その神社の表口に当たる、メインの鳥居をくぐってから参拝するようにしてくだい!

    あなたの自宅でも裏口、ベランダ、勝手口から他人が入ってきたら良い気になるはずもありませんし、他人なら不法侵入になりますよね。

    私たちは神様の家にお願いしに行くのですから、正面玄関の鳥居から行きましょう。

    最後に

    いかがでしたか?参拝一つにしても私たち日本人の精神を感じることができますね。我がの願いだけを一方的に伝えるのではなく、、気遣いと感謝の気持ちも忘れずに参拝してみてください。

    あなたの中で、本当に叶えたい願いや思いがあるときは、今回の内容を参考にしてお祈りしてみてください。

    自分の想いを神様に届ける事で、気持ちも落ち着くし勇気も貰えるでしょう。

    ぜひ、正しいマナーで参拝を楽しんでくださいね!

      【関連コンテンツと広告】

      コメントを残す

      CAPTCHA