神社へ参拝に行った時に入れるお金の額は?金額別に意味はあるの?

    あなたは神社やお寺行った時、お賽銭はいくら入れていますか?

    『普段行かないからよく分からないなぁ』、『旅先で神社に来たけど、いくら入れればいいかサッパリだよ』というあなた!

    お賽銭の意味や入れる金額を、バチっと解説するので、この記事を是非参考にしてみてください!

    実は、お賽銭の金額には色々な意味があるって事もわかると思います。明日から自慢できる知識なので、ぜひ覚えちゃってください!

    スポンサードリンク

    お賽銭を納める意味は?

    お賽銭は祈願成就の感謝の意味を込めて神様、仏様に奉納するものです。

    神社、お寺でお賽銭を入れるのは、『願い(=目標)のために努力をするので、どうか願いを叶えてくだいさい』という意味になります。その後、願い(=目標)が叶った場合は『願い(=目標)を叶えることができました。ありがとうございました。』という感謝の意味になります。

    ちなみに、お賽銭を神社や寺に納めるようになったのは、庶民にも『貨幣』が一般的になった江戸時代からと言われています。それ以前は、神前・仏前に米を撒く散米、洗ったお米を包んで供えていました。

    今のようにお賽銭箱が置かれるようになったのは、近世以降(江戸時代以降)だと言われいます。

    つまり、お賽銭を入れれば神様、仏様は願いを叶えてくれるってわけでは無いんです。

    しっかりと、目標を持って努力する姿勢を伝える事が大事になるんですよ。

    次に、お賽銭を入れる時は、どんな自分になりたいのか?その為にどんな努力をするのか、宣言してみましょう!

    いくら入れるのが妥当なの?

    次に疑問なのが、お賽銭の金額です。

    まず知ってほしいのは、『多ければ多いほど良いという訳ではない』という事です。

    あなたは金額が多ければ、願いが願いが叶うと思いますか?

    “1万入れたんだから願いを叶えてくれよなぁ!”

    “私は5万入れたんだから願いが叶うに決まってるじゃない!”

    こんな考えでは願いが叶う訳がありません。そもそもですが、神様・仏様に“感謝”、“謙虚な気持ち”がないのです。お賽銭は感謝・謙虚な気持ちの意思を表しているのです。

    もし1万円以上の金額を入れる場合は、新札を準備し、白い封筒に入れてからお賽銭箱に入れるようにしましょう。

    またお賽銭にはルールはないので、まずはあなたの気持ちが大切ということになります!

    スポンサードリンク

    金額によって意味は違うの?

    お賽銭の適切な金額は語呂合わせで決まってたりします。あまり好ましくない金額もあるので、語呂合わせを楽しみながら入れるとより願い事も叶いやすくなるのではないでしょうか!

    沢山の語呂があるので、びっくりすると思いますよ(笑)

    《5円》
    1枚:ご縁がありますように
    2枚:重ね重ねご縁がありますように
    3枚:十分にご縁がありますように
    4枚:良いご縁がありますように
    5枚:二重にご縁がありますように
    6枚:安定と調和の取れたご縁がありますように
    8枚:末広にご縁がありますように
    9枚:終始ご縁がありますように

    《100円》
    100の縁がありますように

    《10000円》
    円満に通じる

    5円、100円、10000円はこんな意味を持っているんですよ。思いの他5円のレパートリーが多かったと思います。

    ここまでは、オススメの金額なのですが、この先はあまり語呂も良くないものになるので、注意です。

    《オススメできない金額》
    5円×7:散々な結果になる
    5円×13:ろくなご縁がない
    5円×15:なんのご縁もない
    10円:縁が遠のく
    500円:これ以上効果がない

    10円玉って、お賽銭で入れる方多いはずです。実は【縁が遠のく】という意味合いもあり、あまり良くはないんですよ。

    また、5円玉に関しても【7枚】入れてしまうと、悪い意味になるので同じ小銭でも注意です!

    最後に

    いかがでしたか?語呂合わせでいろいろと適切な金額があるっていうのもなかなか面白いですね!

    ちなみに私はどこかに参拝に行く時は、10円は全く持たずに両替して5円の棒金(250円分)を持ってから参拝するようにしています。

    あなたも参拝に行く際は『感謝の気持ち』、『謙虚な気持ち』を持って語呂合わせを意識してお賽銭を納めてみてください!

      【関連コンテンツと広告】

      コメントを残す

      CAPTCHA