かき氷の頭痛を速攻で治す方法!キーンを気にせず楽しもう!

    夏の定番!冷たくて美味しいカキ氷・・・。

    夜店に行ったら必ずと言っていい程、みんな食べますよね。

    最近って色んなタイプのかき氷があります。

    定番の「固い氷」や「ふわふわの氷」などがあって、シロップも定番のものから変わった種類まであって、色んなかき氷が楽しめるのが人気ですよね。

    だけど、かき氷に必ず付いて来る頭に「キーン」って来るやつ。

    これだけは嫌ですよね・・・

    私はあんまりアイスとかかき氷食べないんですが、でもたまに半分くれたりして食べて「キーン」ってなると一層、食べる気なくなっちゃうんですよね。笑

    そこで何で「キーン」ってなるのか気になりませんか?

    実は、冷たいからって理由だけじゃないんです。

    何が原因?かき氷と頭痛の関係のお話。

    まず、医学的正式名称で「アイスクリーム頭痛」と呼ばれてるって知っていましたか?

    私は、「そのまんまやん!w」って思わず言ってしまいました。

    そして名前が付けられた理由も「そのまま」でした。

    「冷たい物を急に食べて数分頭痛が起きる症状。」
     
    そこにちゃんとした原因も2つありました。

    スポンサードリンク

    温度差がもたらす反応

    突然、冷たい物を口に入れた時、口の中の温度が一気に下がり体が防衛反応を起こして一気に温度を上げようと血管を膨張させる事で血流が良くなり頭に炎症が起き頭痛が発生するんです。

    体からしたら、冷たいかき氷やアイスは危険な物って感じなんですね(笑)

    三叉神経が働く


    出典:http://www.asahi.com

    冷たい物が喉を通る際に「三叉(さんさ)神経」からの伝達を脳が痛みと勘違いしてしまう事が頭痛に繋がります。

    この三叉神経は体性運動性と知覚性の混合神経で脳神経の中で最大の神経って言われているんです。

    でも、痛くならない人って「痛ーい」とか言わず普通に食べてますよね?体質?って思いたいけど関係ないんです。

    食べるの早い人と遅い人って性格違います。

    これ私が思ったんですけど、「せっかちな人」と「のんびりした人」って食べる速さも違いますよね。

    って事は頭が痛くなる人は気づかない内に「バクバク」食べてるのかもしれませんね。ゆっくり食べれば温度差も減りますからね!

    私、子供によく「溶けるからはよ、食べ」って言うんですけど、これ良くないですね。

    そしてもう1つ原因があったんです。

    原因は氷にあり

    天然水から作られるかき氷の温度はマイナス1℃~2℃です。一般的なかき氷屋さんではマイナス7℃~8℃なんです。

    天然水の方が温度は高く、口内の温度が下がりにくい為、頭痛は起きにくい。という原因も見つかりました。

    氷の成分ではなく、氷の温度が関係していたんです。

    ちなみに、自宅の冷凍庫はもっと低くマイナス10℃なので、少し常温にして使った方が頭痛は軽減されますよ。

    色々、原因はありましたが、キーンってならない対処が一番気になりますよね。あの頭痛はけっこうな痛みだし極力なりたくない。

    ちなみにかき氷の頭痛の痛みは偏頭痛と同じなんです。

    偏頭痛の痛みを伝えたい時は「かき氷のキーンが長い感じ」って伝えると分かるらしいですよ!私、偏頭痛持ちなんで勉強になりました。笑

    偏頭痛の話は置いておいて・・・。
    かき氷のあの痛みから解放される対処法のお話です。

    スポンサードリンク

    食べる時、頭痛がした時の対処法。!これでバッチリ!

    では、かき氷を食べる時に「キーン」に怯えずに思いっきり食べる方法を紹介していきます!

    真夏の暑い日には、この方法を使って思いっきりかぶりついてクールダウンしましょう♪

    ゆっくり食べる。

    急激な温度変化が頭痛を引き起こす原因になるって先ほど書きましたよね?つまり、ペースをゆっくりめにするだけで対策になります!

    花火見ながらとか、かき氷に集中するより他の事に集中するのも1つです。(集中しぎて溶けるのは注意!)

    かき氷と温かいもの。もしくは冷たいもの。

    これは、温かいものと交互に食べると急激に口の中が冷える事はないからです。

    ですが、暑いからかこそ、かき氷食べるわけですよね?温かいものなんて余計に暑くなるから無理だよ~って思うはずです。

    そういう時は、かき氷食べる前に口の温度下げてから食べると「キーン」はやって来ません。

    例えば、冷たいジュースを飲んだりするのがありますよね。

    ただ、口の温度を下げる為にアイスだと、そこで「キーン」が来ますのでジュースがベストです!

    「キーン」と来たら冷たい容器。

    対処しても効かない時は、かき氷の器や冷えたペットボトルをおでこに当てると「あら。不思議!」治っちゃうんです。
     
    でも、頭痛になってすぐ抑えてって病気にならないかと不安になりますよね。

    まして、頭の神経なんて怖いものなんですが、「アイスクリーム頭痛」はそんなに長く痛みが続く痛みではないので病気に繋がるような悪影響はないんです。

    なので、安心して食べられます。

    最後に!

    今回の内容をまとめてみます。

    まず、「キーン」ってなる原因は3つありましたね。

    • 温度差による反応
    • 三叉神経の反応
    • 氷の質による違い

    次に対処方や対策も3つあります。

    • 暖かいものとセットで食べる
    • ゆっくり食べる(急激に冷やさない)
    • 冷たい物をおでこに当てる

    おでこに当てる方法が一番手軽で効果アリです(笑)

    「キーン」に気が引けて食べない人でも、ちょっとした対処で美味しく食べられるんです。

    子供に「かき氷嫌い!」なんて言わせたくないですよね。

    毎日バタバタしているお母さんでも、子供とゆっくりかき氷食べてちょっと一息してみませんか?

    子供との夏休みの楽しみにかき氷で楽しく過ごそう。笑

    ちなみに私が食べない理由は冷たい物が苦手なだけでかき氷が嫌いなわけではないんですけどね。でも子供と一緒に少し食べてみようかな。って感じです。

      【関連コンテンツと広告】

      コメントを残す

      CAPTCHA