お盆に海へ行ってはダメなホントの理由は?意外と知らない理由!

    お盆の時期になると、里帰り、旅行や遊園地など家族でおでかけをすることが増えますよね♪

    私も子どもの頃は、毎年おばあちゃんの家に遊びに行っていました!

    島にあるので、海がとってもキレイなんですよ。

    でも海に行きたいって言うと、おばあちゃんがお盆の時は海に行っちゃダメと言われ連れて行ってくれず、お父さんに言ってこっそり連れて行ってもらいました。

    今思うと、どうしてお盆は海へ行っちゃいけないのか気になります。

    調べてみると「うそ!?」「ほんと!?」と驚いてしまうような理由が出てきますよ!

    では、いってみましょう~!

    お盆と海の関係は?

    お盆と海ってあまり関係なさそうなのですが、とても関係が深いのです。

    お盆になると、先祖があの世から帰ってきます。

    地域によりますが、海から帰ってくる、海に帰るという考え方もあります。

    ちなみに、お盆によく見る「なす」と「きゅうり」の馬ありますよね?

    あれの意味って、あなたは知っていますか?

    参考:お盆に飾るなすときゅうりの意味は?作成から処分までの流れ

    そのため、あまりお盆での海は縁起が良くないと言われており、「お盆の時は海に行ってはダメ」と考えられるようになりました。

    その他にも理由はあります。

    スポンサードリンク

    土用波

    土用波というのは、お盆の時期に活発になる台風の影響で沖のうねりが強くなることで発生する自然現象です。

    突然、高い波が襲ってくることがあるので、非常に怖いものです。

    そのためこの時期は、水難事故が起こりやすくなります。

    お盆って、クラゲが大量発生すると聞いたことありませんか?

    実はこれもお盆と海の関係に繋がっているのです。

    クラゲが多いから?

    どうしてお盆の時期は、クラゲが大量発生するのでしょうか。

    その時期というのはクラゲの成長が終わり、大人となり、毒を持つクラゲが多く発生するんです。

    しかも気温、水温などはクラゲが成長するにあたって最高の条件なんです。

    刺されると、赤く腫れて激痛に見舞われます。

    最悪、アナフィラキシーショックを起こしたり、心臓麻痺を起こすなど命に関わる場合もあります。

    子どもを海へ入れるときは、注意してくださいね!

    今年は我が子の初めての海デビューって親御さんは、以下の記事が参考になりますよ!

    参考:海水浴の持ち物リストまとめ【子連れ編】子供も大満足のアイテムはこれ!

    あと、よくテレビでお盆と海で、怖い話をしている人みかけますよね。

    昔から言われている説なんですよ。

    これもお盆での海は良くないと言われる一つです。

    怖い話ですが、目を通してみてください。

    スポンサードリンク

    縁起が悪いってなんで?

    なぜお盆に海へ行くことが縁起悪いかというと・・・。

    諸説ありますが、2つ紹介します。

    先祖に連れて行かれる

    お盆というのは、先祖があの世から帰ってくるという意味ですよね。

    帰ってきた先祖は海に帰るなんて言われています。

    なので、海で泳いでいたらあの世に一緒に連れて行かれるという説があります。

    これは昔からある宗教的な考え方です。

    悪霊に連れて行かれる

    水難事故で亡くなり悪霊となってしまった霊が、海で遊んでいる人を海の中へ連れ込もうとする説です。

    先祖のように帰る場所がない霊が、海でさまよっていると言われていることから出た説だと考えられています。

    浜辺にも霊がたくさんいると言われているので、海にそのものに近づかない方が良いと思います!

    実際に水辺は例が集まりやすいって言われますからね。

    人の体は60%が水分で出来ているって言いますよね。これも関係あるのかな?

    まとめ

    お盆と海の関連性は理解いただけましたでしょうか?

    私は怖い話が大の苦手なので、お盆の時期に海には行かないようにしようと思います。

    でも、迷信ということもあります。

    しかし、お盆前後での水難事故は非常に多いです。

    今回の記事で紹介した、海の変化など条件が重なる事もあるのでしょうが、この世は目には見えない力も多くありますからね。

    お子さんのいるご家庭は特に注意して、子どもから目を離さないようにしてください。

    海でふざけたりせず、ルールを守って楽しく海で遊びましょう♪

      【関連コンテンツと広告】

      コメントを残す

      CAPTCHA