年下彼女とデートして割り勘っておかしいのか?年齢差5歳の俺の場合

    彼女とのデートの時に
    割り勘にするか奢るか
    悩むポイントだと思います。

    デート代は男が出すものって
    文化が強いですが、正直言えば
    この価値観は変えて欲しいw

    1日遊ぶだけでも
    かなりの金額がかかりますからね。

    そんな、年下彼女との割り勘事情
    についてリアルな内容を書いてみます。

    年上のプライドは捨てろ!

    私のデート代に関する価値観は
    カッコつければ、彼女には
    財布を出させたく無いです。

    過去にレジ打ちのバイトをしていて
    彼女に払わせる男性を見ていて
    このように思うようになりましたw

    ただ、カッコつける余裕が
    あれば良いですが、まぁ無いですw

    なので、俺が出すからいいよ!

    ってプライドは捨てるべきです。
    私も最近は割り勘化しています。
    (はじめは無理して出してましたw)

    それに、年上だから金持ちって
    わけでもないですからね。

    自分がカツカツになったら
    全く意味がありません。

    そこで、自分の中である程度の
    ”割り勘基準”を決めてはいます。

    その基準を書いてみますので
    あなたも、良かったら参考にしてね!

    スポンサードリンク

    まずは、素直に伝える

    付き合いはじめの時は
    基本的に自分が出した方がいいでしょう。

    しかし、1~2ヶ月を過ぎた
    頃には素直に言いましょう。

    私の彼女は毎日でも会いたいタイプ。
    はじめは頻繁に外食してました。

    この時、こんな感じで言いました。

    「さすがに、このペースで遊ぶと
    お金が貯まらないから減らそう?」

    「こんな外食してたら、遠出もできないよ」

    これから、回数は少し減ったのと
    割り勘の価値観が相手に生まれました。

    それでも変わらないなら
    別れた方がいいかも。

    金銭感覚がずれたまま付き合うと
    いつか必ずキツくなって爆発します。

    お金が無い状態は自分の
    生活、趣味を削って相手に
    与えるってことですからね。

    うまくいくとは思えません。

    今度から、少しでいいから
    出してくれると助かる。

    先を見据えて言いましょう。

    きっちりはNG

    割り勘をする時の
    注意点に細かすぎはダメ
    というポイントがあります。

    例えばカラオケに行って
    レジ前で電卓を叩いて

    「じゃ、1325円ね!」

    とかガチキッチリ計算
    されたら冷めません?w

    私の場合は自分が多めに
    出す形を取っています。

    3500円だったら3000円出して
    500円を出してもらうとか。

    2000円だったら1000円で
    半分とかもあります。

    おおざっぱに多めに出す。

    これが円満な割り勘ですね。

    相手の好意は受け取る

    彼女の方から今回は私が
    出すからいいよ~!

    とか言われる時が来ます。

    豆知識ですが、心理学で
    返報性の原理」っていう行動です。

    何かしてもらったら返さないと
    いけない気持ちになる事ですね。

    コンビニでトイレを借りたら
    何か買わないと悪いって思うアレです。

    この場合は素直におごって
    もらいましょう。

    拒み続けると相手も
    モヤモヤが溜まり続けるか
    奢りが当たり前になります。

    奢るって言っても、断られる。

    じゃあ、出さなくていいのかな?

    もう言わないようにしよう。

    自分がお金を出すのは
    嫌なのかな?って逆に
    気を使われてしまいます。

    こうなると、少し出して
    って言い出すのは至難の技。

    もらえる時はもらう。
    これは忘れずに!

    小さな恩を売る

    少しセコい表現ですが
    これは地味に効果的です。

    先ほど書いた「返報性
    この力は強力です。

    小さな恩の積み重ねで
    相手は返したくなります。

    恩と言ってもガチな
    感じじゃ無いですよ?w

    例えば、出かけた先で
    相手が好きなジュースを
    買ってあげたりするのもOK。

    ジュースなんて100円くらいです。

    他にも、サプライズで好きな
    お菓子を買っていったり。

    お菓子も、せいぜい500円程度。

    この小さな恩を受けると
    相手は、こうなります。

    いつも貰ってるから悪いな~。

    相手の中に、自分も何かを
    返さないとって気持ちが
    芽生えるとOKですw

    小さな積み重ね。
    ぜひ試してください。

    スポンサードリンク

    目標を作る

    デートの時に自分も出さないと!
    って思える状況は実は作れます。

    それは、目標を作ること。

    例えば、ディズニーに行こう!
    って決めたとします。

    その為にはお金を貯める
    必要が出てきますよね。

    なので、遊ぶ回数や食事の
    負担などを減らす必要があります。

    そこで、彼女にこう言いましょう。

    ディズニー行くために
    頑張ってお金を貯めようね!

    チケット代は自分で払うに
    してもお土産とかグッズは
    相手が自分で買うものです。

    ディズニーなんて、滅多に
    行ける場所でも無いので
    楽しむ為にお金を貯めるようになります。

    ご飯に行っても少し
    安めのとこだったり
    割り勘になったりと
    自然に行動が向いてきます。

    私も、温泉旅行1泊2日の
    予定を立てて試したら成功しましたw

    目標を作る

    (その為には何が必要か?)

    お金を貯める必要がある

    (普段の負担を減らす)

    デート代を少なくしよう

    こんな感じで話の流れを
    立てて説明すると良いです♪

    お互いの気持ちは大事

    最後に割り勘をする意味
    について考えましょう!

    なんで、割り勘をしたのか?
    って考えるといいですね。

    ずっと自分が払い続けると
    遊ぶ回数も減るし何より
    貯金や自分の事にお金が使えない。

    片方が負担大になるわけです。

    彼女とのデートが負担と
    なる日が来てしまうのです。

    最終的に行くつくのは
    「金のかかる女」

    ここまで来たらヤバイです・・・泣

    お互いの関係をよくするためにも
    どちらかの負担を減らすのは大事。

    お金の問題ってだんだんと
    態度や言動に現れますからね。

    そうなる前に言いづらくても言うこと!

    長い目でみたら、絶対にいいです。
    一瞬だけですから言いづらいの。

    ぜひ、最悪な状況になる前に
    相談する時間を持ちましょう。

      【関連コンテンツと広告】

      コメントを残す

      CAPTCHA