年下彼女が敬語をやめてくれない!タメ語で話をしたい時の方法!

    年下の彼女と付き合っているけど
    未だに敬語の関係から抜け出せない。

    年の差カップルにある
    問題のひとつですね。

    特に学校の先輩、後輩
    職場の上司、部下などの
    関係だとなおさら多いですね。

    確かに呼びづらいのはわかるけど
    俺たち付き合ってるじゃん!

    って悩む問題だと思います。

    この話し方を変える方法と
    注意点について書いてみます。

    長い目でみる事も必要

    あなたの彼女の性格や
    あなたとの関係も大きく
    関わってきます。

    私の彼女の場合は
    初めからタメ語に近い
    感じで逆に生意気だな~
    って感じでしたがw

    真面目な性格の子ほど
    接し方には敏感になります。

    上下関係がしっかりできていると
    クセになって変えられない場合もあります。

    そんな場合は無理に急かさずに
    付き合っていく中で
    ゆっくりと慣れて貰うようにしましょう。

    その方法と注意点などを
    解説して行きますね!

    スポンサードリンク

    前提!ちゃんと伝えてますか?

    まず大前提として
    彼女にタメ語で話して欲しい
    って伝えていますか?

    相手が慣れてくれば自然に
    タメ語になるかな~

    って待っているようでは
    かなりの時間がかかります。

    相手もタメ語でOKなのか
    許可を待ってる事もあります。

    まずは、タメ語で話して欲しい
    事を伝えましょう。

    コレで一発解決の場合もありますw

    あだ名作戦!

    親近感を出すために
    あだ名」をつけるのはおすすめ。

    名前で呼ぶと〇〇さん○○先輩って
    固くなるけど、あだ名なら自然ですよね?

    付き合う中で一番、使う回数が多い
    名前を崩す事で距離が縮まります。

    さん、や先輩など目上言葉を
    外す事がまずはスタートです!

    ぜひ、考えてみてください!

    ただ、注意点として
    学校や職場などが同じ場合は
    あだ名の使用は注意しましょう。

    職場などでは特に上下の関係は
    自分たち意外に周りも関係します。

    ここは暗黙の了解で
    お互いの立場を尊重しましょう。

    タメ語を使うような言葉選び

    普段の会話の中で
    言葉を少し変えるだけで
    タメ語になるようなシーンもあります。

    狙ってタメ語の返事をもらい
    自然に慣れてもらう方法もあります。

    例えば、二人でご飯を
    食べに行ったとしましょう。

    食事中に、「これ美味しいね!
    って会話はよく出ますよね?

    ただ、普通に「美味しいね!
    だと「そうですね!」って返ってきますw

    ここで、ひと工夫入れます。

    たとえば「これ、めっちゃうまくね!
    など、砕けた表現をします。

    すると、「うん!美味しいね!
    とか少し柔らかになりそうですよね?

    わかりやすい例えで
    友人との会話を想像するとイイでしょう。

    男どうしの食事のシーンで
    出てくる言葉で考えると。

    「美味しいね!」より
    「めっちゃうめ~」とか
    の表現の方が多くないですか?

    これ、すごいね!
    めっちゃ、やべー!

    どっちの表現をしますか?

    友達と話す時に使う言葉を
    自然に使うと相手も緊張がほぐれます。

    もちろん、ゲスすぎる言葉や
    意味不明な言葉はNGですよw

    わかる範囲で砕けた表現は
    相手の話し方も変える事ができます。

    スポンサードリンク

    相手の好きな事を話させる

    タメ語を引き出す方法に
    相手に話をさせる方法があります。

    人は自分が好きな事を
    話す時はバンバン喋るようになります。

    あなたも自分の好きなことや
    趣味に関する事を話す時は
    普段より熱が入ると思います。

    一番ベストなのは
    彼女と共通の趣味があること。

    例えば、お互いに好きな
    アーティストがいれば
    曲についてなど熱く語れますw

    でも、お互いに共通の
    趣味なんてないよ・・・

    って場合でも安心してください。
    相手から聞き出す方法もあります。

    それは、相手に好きな事を
    喋らせる方法です!

    流れとしてはこんな感じ。

    (勝手に考えてみますw)

    〇〇ってさぁ、趣味とかあるの?

    私は、海外の映画を見るのが好きです!

    どんな映画を観るの?

    そうですね・・・
    ○○とか〇〇シリーズが好きです。

    あっ!それ俺も好きだよ!
    主人公のオヤジ役ヤバくない?w

    わかります!
    あの人のキャラはヤバイですw

    ・・・・

    こんな感じで話を盛り上げて行けば
    自然と熱が入ってきますよね?

    自分が知らない事でも
    もっと教えてスタンスで
    聞き役に徹すればOKです。

    ギャップは強い

    年上の男性に対して
    敬意を少なからず感じています。

    その証拠として敬語になります。

    一定の敬意を払って
    接しなければいけない。

    日本人らしい、いい面であり
    悪い面でもあるところですw

    あなたが、いくらタメ語で
    話していいよって言っても
    相手は気を使っているように感じます。

    目上の人に遠慮しないでね?
    って言われても気を使ってしまうように。

    そこで効果的なのが
    言葉よりも態度です。

    恋人関係で言えばギャップ。

    例えば、急に甘えてみたり
    ドジな事をしてみたり。

    自分にも欠点はあるのだよ(笑)

    弱点を見せる事で
    相手の中に意外性が生まれます。

    ○○さんってこんな一面もあるんだ・・・!

    普段、見せない自分を出して
    壁を少しずつ壊して行きましょう。

    すると、次第に安心感が生まれます。
    遠慮しなくていいんだ!

    そうなってくれば
    自然と言葉や態度も変わってきます。

    ぜひ、態度や行動でも
    示してみましょう。

    タメ語の注意点

    タメ語に慣れてくるのはいい事ですが
    注意すべき点もあります。

    それは、慣れすぎた時です。

    例えば、自分の友達に
    彼女を紹介した場合などがあります。

    自分にはタメ口で良いかもしれませんが
    あなたの友達からしたら初対面です。

    いきなり友達のタメ語で話し始めたら
    あなたの彼女と分かっていても
    いい気はしないでしょう。

    お前の彼女は常識ないな
    って思われたら悲しいですからね。

    慣れはクセと同じなので
    使い分けをしっかり教えないと
    大変な思いをしますw

    この線引きはしっかりと
    教えておく事を忘れずに!

     

      【関連コンテンツと広告】

      コメントを残す

      CAPTCHA