車の暖房は燃費に影響する!?意外と知らない車の真実!

    車に乗るときに気になるのが
    燃費ですよね?

    やはり少しでも燃費を良くしたい!
    誰もが思うことだと思います。

    車の燃費への影響は様々な
    要因がありますが、その一つに
    カーエアコンがあります。

    冬場は使わないと寒すぎて
    車内といえども凍えると思います。

    しかし、気になるのがガス代・・・

    寒さを選ぶかお財布を守るか?
    そんな選択に悩むあなたへ朗報です。

    スポンサードリンク

    車の暖房は燃費には無関係って知っていましたか?

    228533

    まず冬場に使用するエアコン(暖房)
    これは燃費の悪化には無関係です。

    その理由に使用しているものが
    車の冷却水の熱になります。

    緑だったり赤の液体ありますよね?
    最近は青も増えてきましたが。

    この水の熱を使っているので
    ガソリンの消費はゼロになります。

    単純に温まった冷却水の温水の熱を
    ファンで中に取り込んでいるだけになります。

    暖房の仕組み

    cc2e90dd8f9394b9e3b39cb2b62d0fc9_s

    冬場はエンジンを付けて
    暖房を入れてもしばらくは冷風しか出ませんよね?

    これは冷却水が温まっていないからです。
    温度に関しては下記画像の場所で確認できます。

    ff18507ca5618beea9e76e3a01665fc3_s

    7bc3f4465114782a715f0b4b74eea33a_s

    最近は水色のマークだけ
    の車も多くなりましたね。
    この場合は消えれば温まった証拠です。

    メモリのタイプは半分近くまで
    ゲージが上がれば温かい風が出てきます。

    注意点もあり

    -shared-img-thumb-SEP_287815080925_TP_V

    しかし、これから説明する内容を
    注意しないと燃費悪化になってしまいます。

    それA/CボタンのON・OFFです。

    car-516517_640

    このボタンですね。

    これはエアコンスイッチになります。
    ONにするとコンプレッサーというものが
    可動をします。

    これは冷媒を冷やし冷えた風を
    作り出すための物です。

    ボタンを押して耳を澄ますと
    エンジンルームから「カチっ」っと
    作動音がしてきます。

    冬場は基本このスイッチはOFFでOK!
    つけると燃費悪化につながります。

    ただ、ガラスが曇った時などには
    除湿効果がありますので使用しましょう。

    曇が引けたらOFFにすればOKです。

    冬場でもACスイッチをONにしている
    人が多いですが必ずOFFにしましょうね!

    温度ゲージを赤方向にして
    風量ボタンだけ上げれば暖房は出ます。

    スポンサードリンク

    もしも異臭がしたら危険

    PAK86_uenootoko20141221135107_TP_V

    1つ気をつけたいのが
    暖房をつけた時の異臭です。

    エアコン出口から甘いような不思議な
    匂いがしたら要注意!

    冷却水がどこかで漏れている
    可能性があります。

    冷却水は何というか「甘い」ような
    独特な香りがします。

    もしも、漏れている場合は
    暖房の風に乗り車内に入ってきます。

    冷却水が漏れていると
    エンジンが冷えなくなり燃費も悪化
    最悪はオーバーヒートに繋がります。

    違和感を感じたら自分でチェック
    もしくは車屋さんへ行きましょう!

    まとめ

    冬場に燃費が悪く感じるには
    朝の暖気等があげられます。

    車を温める為にしばらく
    エンジンをかけて置いたりしませんか?

    冬場は寒いのでエンジンが
    温まるまでに時間がかかります。

    エンジンは温まるまで
    通常よりこい濃い燃料を必要とします。

    このため夏場よりも
    冬のほうが基本的に燃費は悪化します。

    ただ、暖房は平気なので
    今年からは凍えるに耐えなくてOKですよ!

    暖房はガンガン使って行きましょう!

      【関連コンテンツと広告】

      コメントを残す

      CAPTCHA