外で働く寒いの大嫌いな男の味方!電熱ヒーター防寒具の最強さ

    私は整備士、工場と外の仕事で
    生きてきた人間です。

    体を動かすのは好きだったので
    良かったのですが、何よりも
    苦痛だったのは「冬」です。

    外で働く男にしかわからない
    あの寒さ。

    特に整備士の頃は細かい修理を
    するのに手先を使うのですが
    寒すぎて硬直し動かない。

    特に素手でしかできないような
    細かい作業はまさに地獄でしたw

    寒さは体を硬直させ
    動きを鈍くします。

    更に痛みすら伴う恐ろしいもの。

    そんな寒さと戦う冬に
    最適すぎる防寒具があるので
    今回は紹介する記事を書きます。

    日本の冬は長いです。
    ぜひ、乗り切って欲しいと思います。

    電熱ヒーター内蔵防寒具

    heater-162054_640

    以前に冬の寒さを乗り切る方法で
    記事を書いた際にオススメしたのは
    重ね着をする方法です。

    参考:外仕事で寒さが辛すぎる時の解決策!元工場員が試した暖を取るすべ

    この方法でも確かに暖かいですが
    それでも動かない仕事や場所によっては
    まだまだ足りないと思います。

    そこで、最終最強な手段として
    オススメなのは「電熱ヒーター式防寒具
    (画像クリックで公式HPへ飛びます)

    服自体に熱線が内蔵され
    いわば着るヒーターです。

    重ね着の最大に弱点は
    熱を自分の体から生み出すしかない点。

    基本的に動かないと熱は
    発生しないので、仕事によっては
    重ね着してるけど、変わらない・・・
    って事もあります。

    だったら、熱を発生させる
    装置を身につければOKじゃん!

    ってことですね。

    ちなみに、仕事意外にも
    釣りやバイクでのツーリングに
    休日の庭の手入れなどにも使えます。

    ウィンタースポーツなどにも
    最適なアイテムですね。

    早く終われと思った8時間

    portrait-915230_640

    朝8時から夕方17時までの8時間。
    残業があれば10時間。

    私はとにかく早く帰って
    湯船に飛び込みたいと
    1日中考えていました。

    当時の会社にはヒーターなど無く
    自販機のコーヒーで身を温めるしかありませんでした。

    飲んで2分は暖かく感じますが
    すぐに訪れる寒さ。

    地獄でしたね。

    寒いからコーヒーを買うのですが
    1日に休憩が3度ありました。

    10時、お昼、15時
    残業があれば17時

    この度に120円のコーヒーを
    買うと1日360円です。

    月に20日出れば7200円
    地味にお金が掛かっていました。
    (ふと思い計算しました)

    冬に屋外で暖を取る方法は
    実際に考えると限られてきます。

    重ね着をするかカイロなどを使うか。

    服を買うとしても意外に
    お金はかかるし仕事用として
    割り切る感じになるのでもったいない。

    私は仕事に使うものに
    自分の給料を使いたくないという
    謎のこだわりがありましたw

    何より、寒さに凍えながら
    我慢する必要がなくなるのは
    本当に大きなメリットだと思います。

    プライベートでも使えるので
    使い勝手もよく便利なアイテムです。

    冬はバカ売れ注意

    banner-1165975_640

    この商品ですが、テレビや雑誌でも
    紹介され冬になるとバカ売れします。

    全国の寒さが苦手な人にとって
    まさに神アイテムですからね。

    冬真っ只中になると
    品切れになる恐れもあるので
    気になる場合はお早めに。

    外仕事には確かな暖かさが必要!

    yotaka160328440i9a9327_tp_v

    電源をいれて10秒で温まる即効性に
    軽量素材でもさっとせずに仕事でも
    動きやすい快適性。

    欲しいと思っていた機能が
    搭載された商品だと思います。

    寒いと体が硬くなり仕事の
    スピードも落ちるし辛いです。

    寒さに悩んでいて
    確実に暖かくなる方法を
    お探しであればベストなアイテムですよ。

    良かったら使ってみてくださいね!

      【関連コンテンツと広告】

      コメントを残す

      CAPTCHA