軽自動車の燃料は軽油でOK?ちょ!ちょと待って!それ大間違いです!

    お財布にも優しくて
    維持が楽な軽自動車。

    そんな軽に乗る上で
    間違ってはいけない問題が燃料間違い。

    タイトルにも書きましたが
    軽=軽油ではありません!

    この間違いはけっこー多いので
    決して間違わないようにしたいですね。

    今回はその理由について
    詳しく書いていこうと思います。

    スポンサードリンク

    軽自動車の燃料間違い

    c278dac91b22f7e12659c35f9d75273c_s

    JAFの統計によると
    燃料間違いの出動は
    月に数百件ほどあったそうです。

    何を隠そう私は以前、整備士として
    働いていましたが、この間違いでの
    入庫は年に数件ありました。

    多くの方が軽という字に惹かれ
    軽油を入れてしまうことが問題にあります。

    そんなバカな・・・

    って思う人もいるかもですが
    意外に多いので油断はできませんw

    始めて免許を取った若い人や
    お年寄りや車に疎い方が多いですね。

    軽油を使う車は基本的に
    排気量の大きい車種になります。

    代表的なものにトラックがありますね。

    ただ、軽トラはトラックと名がつきますが
    ガソリンなのでご注意を!!!

    基本的に軽自動車のエンジンは
    ガソリンを使用します。

    現在発売しているモデルは
    100%ガソリン車です。

    ターボやスーパーチャージャー、
    高出力エンジン以外は基本レギュラーでOK。

    軽の場合はごく一部の車両以外は
    レギュラー仕様になっています。

    不安な方は給油口のキャップや
    説明書に書いてありますので確認してください。

    スポンサードリンク

    セルフスタンドが多いみたい

    28703e77ca2ff57c070f96f5b19ed1bc_s

    整備士の前にスタンドで
    働いていた経験があります。

    その際もお客さんで軽に
    軽油を入れて~って方がいました。

    その際は必ずお客さんに
    確認してもらっていました。

    しかし、セルフの場合は
    基本的に自分でやるのでミス
    の可能性が出てきます。

    不安な場合はフルサービススタンドで
    油種を調べてもらいましょう。

    ここ最近は、こういった事故も増えているので
    スタンド側もチェックをしているようですが
    やはり目の行き届かない場所は出てしまいます。

    万が一軽油を入れてしまうと
    どうなるかはこちらで書いています。

    参考:軽自動車に軽油を入れるとどうなる?起きる現象や症状はヤバ過ぎる!

    このように始めは普通に走ってしまうので
    問題なく思いますが最終的には
    エンジンが焼き付きぱぁになります。

    次第に白煙が上がり始め
    最終的には黒煙に変わります。

    元の燃料自体の着火方法が違うので
    正常に燃えない事が原因です。

    分かりやすく言えば「不完全燃焼」ですね。

    エンジン内部に軽油が回りきってからだと
    修理は難しいです。

    もし間違えたら速やかにJAFか
    車屋さんに連絡して引き上げてもらいましょう。

    タンクを下ろして洗浄で
    何とかなればいいですが・・・

    最後に・・・

     
     
     
    軽自動車はガソリンです!

      【関連コンテンツと広告】

      コメントを残す

      CAPTCHA