ひよっこの舞台の奥茨城村の場所は?ロケ地について調査!

    時は高度経済成長期の日本。有村架純さんが演じる谷田部みね子が、父探しと出稼ぎのため故郷・茨城から集団就職で上京する『ひよっこ』。

    この作品の中で登場する村が気になりますよね。

    『ひよっこ』に登場する“奥茨城村”はどこなのか?実在するのか?

    レトロ感もあり、懐かしい思い出に浸れる場所なので、実際に行ってみたいって思う方も多いと思います。

    そんな、”奥茨城城村”について解説も踏まえて一緒に見ていきましょう!

    奥茨城村は実在するのか?

    ズバリ結論から言ってしまうと、実在しません!!

    今回の朝ドラ『ひよっこ』の舞台である奥茨城村。ドラマの中では、茨城県の北西部にある山間の村ということになっています。

    パッと聞いた感じは実在しそうなのですが、マップで検索してもまず出てくることはないです。

    似たような名前で北茨城市という所はあるようです。

    この村自体は、作品に合わせて作った架空の場所になります。

    しかし、実際にロケを行った場所はありますので紹介していきます。

    スポンサードリンク

    茨城のどこがロケ地?

    ロケ地に関して調べて行くと、【茨城県北西部】にある村という情報が出てきます。

    ひよっこの応援・推進をしている『茨城県北ひよっこ推進協議会』というものがあります。ドラマ『ひよっこ』をきっかけに地域活性化、県北西部の魅力を全国に発信していくという組織です。

    その中で6つの自治体が組織の中に入っています。

    • 日立市:名物 口福あんこう
    • 常陸太田市:名物 常陸そば
    • 高萩市:名所 安良川八幡宮の爺杉 
    • 北茨城市:名所 六角堂
    • 常陸大宮市:名物 常弘寺の聖徳太子像
    • 大子市:名所 袋田の滝、外大野のしだれ桜

    この6つの自治体が『ひよっこ』の主だったロケ地になるかと思います。私は茨城県出身ではありませんが、実際にドラマを見て懐かしく思いました。

    この6箇所が、作品と深く関係している場所になります。

    実際に撮影した場所などの情報は、この先で書いていきますね!

    また、ロケを行った場所の情報は、あまり出ていないので実際に探してみるのも楽しいですよ!

    スポンサードリンク

    モデルになった村について

    奥茨城村が実在しないのはお分かりいただけたと思います。では、モデルになった場所はあるのでしょうか。

    一部ではありますが、撮影場所が上がっています。それは高萩市、大子町、常陸太田町です。どこの自治体も茨城県北に位置しています。

    ユーザーの方が主人公「みね子」が住む場所を発見したとの情報もありました。

    前述した『茨城県北ひよっこ推進協議会』に属しているとこですね。

    実際のところ『ここをモデルにしました!』というよりは茨城県の良い所をいろいろと集めて、ミックスしたものが“奥茨城村”ということになるのではないでしょうか?

    主な撮影協力場所が茨城県北ということからこれらの自治体をモデルにしているかと思われます。『絶対ここだ!』、『違うよ!ここに決まってる!!』と論争するよりは『ここのシーンはここっぽかったなぁ!』、『これ大子のあそこじゃん!』と出てきたシーンをあなた自身で推測して見ると違った楽しみがあって良いでしょう!

    最後に

    奥茨城村が実在しないというのは、少し残念な気持ちにはなりますね。

    ただしロケ地・撮影協力場所が判明したので、これから『ひよっこ』を見ていく中で今までと違った楽しみができるのではないでしょうか?

    これを機に実際にドラマ内で見た場所に出向いて見るのも良いかと思います!これからのドラマがどうなっていくかすごく楽しみなので、一緒に楽しみましょう!!

      【関連コンテンツと広告】

      コメントを残す

      CAPTCHA