ターボ車が燃費が悪いと言われる理由は?運転次第で燃費UP!

    男の憧れターボ車!?w
    力があり早い車の代名詞ですね。

    主にスポーツタイプに多く
    高燃費と高出力を兼ね備えた
    男の車と言えるでしょうw

    実際に私もR34型スカイラインに
    乗っていましたが、まぁ速かったです。

    しかし、その引換に燃費は劣悪。

    ひどい時はリッター2~3でした。

    これを聞くと、ターボって燃費悪いんじゃん。
    やめとこって思うかもしれません。

    しかし、乗り方次第で
    燃費は改善が出来ちゃいます。

    今回はターボが燃費悪いって真相と
    エコな乗り方を書いてみようと思います。

    スポンサードリンク

    ターボ車はやっぱ燃費悪い?

    1f6910b1109a3d9ccffe864f0ea4b166_s

    結論から言えば確かに悪いです。
    先程、書いたような燃費です。

    しかし、ターボがなくとも
    同じような燃費の車は存在します。

    なぜターボ車は燃費が悪いと言われるのか?

    その理由はターボ車に搭載される
    タービンというパーツにあります。

    まず、ターボ車は以下のような
    仕組みで動いいています。

    ku-medium

    出典:http://www.gizmodo.jp/2013/05/gif10.html

    排気ガスの力を使い
    タービンを回し空気をより
    圧縮しています。

    1. 左にあるエンジンで排ガスが出る。
    2. この排ガスをタービンへ送る(右の回るところ)
    3. 排ガスのチカラでタービンを回し空気を圧縮
    4. 圧縮した空気に比例する燃料を噴射
    5. 限界を超えた力が生まれる。

    エンジンの仕組みは空気を圧縮して
    そこに燃料を吹き引火させる事で生まれる
    エネルギーを使い動力を生み出しています。

    通常が100までの空気を圧縮
    することで200まで上げることができます。
    (例です)

    圧縮された空気に対して
    必要な燃料を吹けば
    先ほどの例で言えば2倍の力が生まれます。

    ただ、ターボを作動させるには
    勢いのある排気ガスが必要です。

    基本的にターボが作動する条件に
    高回転時」があります。

    ターボが効いた状態
    これを「ブースト」と言います。

    エンジン回転が上がらないと
    排ガスの勢いが弱く
    タービンを回すことができません。

    ターボ車が燃費が悪い理由に
    このブーストが掛かったときに
    多く燃料を消費することにあります。

    ターボを効かせない走り

    ff18507ca5618beea9e76e3a01665fc3_s

    ブーストが掛かれば
    もちろん多くの燃料を消費します。

    ターボ車に乗るとわかるのですが
    この加速はある意味、魔力を持っています。

    どうしても、アクセルを
    踏みたくなるわけですw

    通常の街乗りであれば
    そこまで踏む必要はないはずなので
    まずは、ここを我慢することが一歩です。

    スポンサードリンク

    しかし、注意もあり

    tsj93_hohowotuneru20150208142338_tp_v

    ただ、エコに囚われて
    ブーストをかけすぎないのも危険です。

    実際に多い話に若い人が中古で
    ターボ車を買った場合があります。

    特に高級セダンのターボが多いかな?

    前のオーナーがゆったりとした
    運転をしていた車両だとします。

    それをガンガン踏むイケイケな
    若者が乗ると今まで動かず固着していた
    タービンが急速に回り破損する場合もあります。
    (若者だけでもないが)

    タービンは扇風機のような形状で
    オイルも内部に通っています。

    あまりにも作動しない状態が長いと
    オイル等が固着するし、タービンの
    中心軸(ベアリング)も固着します。

    エコばかり意識しても
    ダメなので適度に回す事も
    ターボ車に乗る上では重要です。

    ターボ車はめっちゃ楽しい!

    8345b4913d35d3bb5aadf87bb3a15259_s

    現在発売されているターボ車は
    ほとんどがダウンサイジングターボです。

    通常よりも小さなタービンを使い
    少ない排気でも稼働する物です。

    効率的に排ガスを使い
    環境・燃費にも評判が高いですね。

    早く走るというよりは
    スイスイ走るって感覚のものですね。

    私のように速さを追求するターボと
    快適性を重視するターボと。

    様々ありますが、やっぱ速いターボが好きw

    燃費は悪いかもしれませんが
    あの加速はやみつきになります。

    もちろん、危険も伴いますが
    しっかりとした意識で乗れば
    こんなに素晴らしいものはありません。

    現在は軽に乗っているのですが
    やはり圧倒的に物足りません。

    バイパスや高速などは
    安全面でも適度に加速できる
    ターボは素晴らしいものだと思います。

    話がそれてしまいましたが
    燃費は悪いが運転しだい!

    これが今回の結論ですw
    ぜひ、参考にしてください。

      【関連コンテンツと広告】

      コメントを残す

      CAPTCHA