バター不足で輸入措置発令!でも待って!輸入先の国ってどこなの?

    台風の影響や後継者不足で
    バターの品薄状態が続いています。

    以前にもありましたが
    バターの輸入措置が決定したそうです。

    冬場になるとクリスマスやバレンタインなど
    バターを使う機会は増えますからね・・・

    ただでさえ高いのに値上がりを
    食らうとプチ贅沢品になってしまいます。

    そこで助かるのが輸入品です。

    でも待って!
    その輸入バターってどこの国から
    来ているのか知っていますか?

    スポンサードリンク

    輸入バターはどこからくるの?

    butter-1449453_640

    数年前から中国の食品問題等で
    食に対する不安が大きいので
    非常に気になるところですよね。

    今回の輸入でメインとなるのが
    ニュージーランド」のようです。

    NZは世界のバター輸出の実に6割以上を
    占めているバター大国です。

    広大な土地があるので基本的に
    牛を放し飼いにできて生産コストが
    非常に低いことが要点のようですね。

    広大な土地でストレスなく育った牛の
    ミルクからできるバターは日本でも人気です。

    通販などでも販売され
    その品質は保証できそうですね。

    値段の変動はあるの?

    cow-234835_640

    品薄になることで気になるのは
    やっぱり値段ですよね。

    現時点では年末・年明け分は
    在庫が確保できているそうですね。

    すぐに値段が上がるわけではなさそうですが
    過去の推移からみて今後は地道に値上がりしそうですね。

    バターを使う洋菓子屋さんなどは
    難しい選択に迫られそうです・・・

    スポンサードリンク

    味にも変化が!?

    cake-219595_640

    ちなみに気になる味ですが
    生産方法により変わるそうです。

    まず、食べる餌によって大きく変わります。

    日本の場合は干し草がメインですが
    輸入先でもあるNZは生草がメインです。

    よく見る家畜用の餌を与えた場合は
    ぱっとしない味になるそうです。

    しかし、鮮度の高い草を上げることで
    乳の質も上がり美味しくなるそうですね。

    日本のバターも海外では人気が高いそうで
    NZも近い製法なので味の変化は少ないでしょうね。

    むしろ、国産よりもおいしいなんて
    事もあるかもしれませんねw

    最後に

    バターの不足問題ですが
    2016だけでなく数年前から
    毎年このシーズンに騒がれる気がします。

    年々、酪農農家の後継者も減ったりと
    生産量の低下が騒がれています。

    今は輸入で何とかできていますが
    輸出規制などを喰らえば間違いなく
    値上がりは免れませんね・・・

    バター品薄問題はしばらく
    続きそうなので動向のチェックが必要そうですね。

      【関連コンテンツと広告】

      コメントを残す

      CAPTCHA