車のエンジンがかからないしセルも回らない時の原因と対策8選

    車のエンジンをかけても
    セルが回らないときの
    原因と対策に関してです。

    エンジンを始動して正常ならば
    キュキュキュとセルモーターが
    作動する音が聞こえます。

    しかし、何らかの原因でセルが
    回らないとエンジンを
    かける事が出来ません。

    セルが回らないときに
    考えられる原因に関して
    まとめてみたので確認して下さい。

    セルが回らない原因は・・・

    セルが回らない時には
    単純なミスから部品交換に
    至る整備まで幅広く可能性があります。

    単純な事であれば速攻で解決しますが
    部品の交換が必要な場合も出てきます。

    それぞれの原因ごとに解説
    していますので、照らし合わせて
    確認をしてみて下さい!

    スポンサードリンク

    ギアがPになっていない

    AT車の場合は安全対策で
    ギアをP(パーキング)
    入れていたにと始動しません。

    Pに入りきらずに中途半端な
    状態でも同じなので一度ギアの
    状態を確認してみましょう。

    他にも、ハンドルロック
    掛かっているとキーが回りません。

    ハンドルを少し回してみると
    キーがスムーズに回ります。

    ギアとハンドルロックで
    あれば簡単なミスなので
    すぐに解決しますよ!

    クラッチの踏み忘れ?

    MT車の場合は安全装置で
    クラッチを踏まないと
    エンジンが掛からないモノがあります。

    古い車はそのままでも
    かかりますが、新しい車は
    この仕組みが入っています。

    普段MTに乗らないと
    わからないので確認しましょう!

    ガス欠の確認

    意外に多いのはガス欠です。

    エンジンがかからないと
    焦って故障を疑ってしまい
    すっかり忘れてしまいます。

    エンジンがかからなくなる前に
    ランプがついていなかったか
    思い出してみましょう。

    バッテリーが弱い・あがっている

    バッテリーが弱くなると
    エンジンがかからなくなります。

    キーを回してセルを回す音が
    弱く感じると弱っている証拠です。

    特に冬場の朝などは
    大きな電力を必要とするため
    かかりづらくなります。

    バッテリーの寿命はおよそ
    2~3年と言われ、使い続けると
    充電機能が低下していきます。

    バッテリーの状態を保つには
    バッテリー液の補充等があります。

    しかし、最近の物は
    メンテナンスフリーのモノがほとんど。

    補充などの必要はないですが
    定期的に電圧測定などをして
    状態を確認する必要があります。

    上がってしまった場合はブースターケーブル
    などで一時的に始動する事は可能です。

    しかし、一度弱ったバッテリーは
    復活する事は無いので交換が必要です。

    スポンサードリンク

    バッテリーのターミナルの腐食

    バッテリーは+と-の端子で
    固定されています。

    このターミナル部分は腐食しやすく
    劣化すると食いつきが悪くなるし
    接触不良の原因になります。

    エンジンルームをみて
    バッテリーの取り付け部が
    汚れていたら清掃もしくは
    ターミナル交換が必要です。

    セル自体が故障している

    セルを回した時に
    異音は出ていませんか?

    カカカ、カリッカカカ
    など金属音のような音
    出ていると故障の予兆です。

    一時的にセル本体を叩くと
    復活することもありますが
    寿命が近くなっています。

    セルが不調の状態だと
    なかなかエンジンがかかりません。

    それを続けると
    今度はプラグもかぶります。

    悪循環になるので
    早めに修理をしましょう。

    ちなみにセルモーターの交換は
    ネジ数本で止まっているだけの
    モノが多いので比較的、簡単です。

    車をいじるのが得意であれば
    中古などで購入し交換すれば
    工賃は浮かせる事ができますよ!

    オルタネーターの故障

    オルタネーターとは
    エンジンの発電機になります。

    何らかの原因で故障をすると
    バッテリーに電気を貯める
    事ができなくなってしまいます。

    オルタネーターは死亡していると
    充電がされないので途中で
    止まったりする可能性もあります。

    基本的にファンベルトで駆動して
    いるモノが多いので、ベルト切れなども
    確認をしておきましょう。

    故障の事例として異音があります。

    センターにシャフトつまり棒があり
    この軸がずれてカタカタと音が出ます。

    かなり大きな音なのでわかるはずです。

    最近は本体ごと交換しか無いので
    オルタネーター本体を交換となります。

    値段は3~5万ほどはかかります。
    急に壊れる事もあるので注意しましょう!

    ヒューズ切れ

    ヒューズが切れると
    電気が通らなくなります。

    ヒューズは家で言う
    ブレーカーと同じです。

    部品が故障する前に
    ストッパーとして防ぐ物です。

    ヒューズが切れるときは
    その場所に大きな電流が流れます。

    大きな電気が流れると
    ショートなどの可能性があるので
    未然に防ぐために供給を止めます。

    ヒューズは一般的には
    切れる事は少ないです。

    頻繁に切れるということは
    どこか配線等が切れている
    可能性などあります。

    後づけ部品を自分で付けた
    場合など、配線の通し方などで
    起こることが多いですね。

    頻繁に起きる場合は
    確認をしてみましょう。

    最後に

    エンジンがかからない理由で
    もっとも多いのはバッテリーです。

    値段も高い部品なので
    交換を渋る事が多いですからね。

    2~3年変えた記憶が無いなら
    一度、点検して確認をしましょう。

    ブースターなど持っていれば
    なんとかなりますが、ない場合はJAFなど
    呼んで余計にお金がかかります。

    定期的にメンテをして
    未然に防ぎましょう!

      【関連コンテンツと広告】

      コメントを残す

      CAPTCHA